シンガポールで保険販売(ソニー生命 共同出資でショップ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー生命は2018年夏にも、シンガポールで様々な保険会社の商品を販売する保険ショップ事業を始める。

​強みを持つ死亡保障の商品販売に重点を置き、10年間で50弱まで店舗を広げる計画だ。

スポンサーリンク


昨年のオーストラリアの生保への出資に続き、海外での事業拡大を加速する。

7月中に現地に保険ショップ事業を担う新会社を設立する。

500万ドル(約4億円)の資本金の74%をソニー生命が、26%を日本で保険販売の実績があるスターツ証券が出資する。

当局の認可や募集人の採用・教育を経て、18年夏に1号店の開業を目指す。

日本と同様に、働き手に万が一のことがあった場合に保険金を支払う死亡保障商品を中心に販売する。

シンガポールでは運用目的の貯蓄性商品のシェアが高く、死亡保障は経済の成熟度に比べてあまり普及していない。

コンサルティングを重視した日本の販売手法を取り入れれば、需要を掘り起こせるとみている。

(日本経済新聞  2017/06/29)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-17

    日本生命、劣後債1000億円発行

    日本生命は13日、国内の機関投資家向けに劣後債を1000億円発行すると発表した。 ​2020年度末…
  2. 2017-12-5

    来年4月、日本法人社名「アフラック」

    ​米保険大手のアメリカンファミリー生命保険(アフラック)は4日、来年4月に営業を始める日本法人の社名…
  3. 2017-2-23

    学資・年金保険料上げ、明治安田や住生も、平均9~15%

    明治安田生命保険と住友生命保険は学資保険や個人年金保険の保険料を4月に引き上げる。 長期金利の低迷…
  4. 2017-2-22

    3.相続をめぐる現状と必要となる対応

    相続をめぐる現状① ■ 遺産分割事件の新受件数推移 相続には相続税だけでなく、「遺産分割」と…
  5. 2017-7-5

    生保3社が総代会 各社中計の進捗説明

    日本生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険の大手生保3社は4日、株式会社の株主総会に相当する総代会…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る