シンガポールで保険販売(ソニー生命 共同出資でショップ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー生命は2018年夏にも、シンガポールで様々な保険会社の商品を販売する保険ショップ事業を始める。

​強みを持つ死亡保障の商品販売に重点を置き、10年間で50弱まで店舗を広げる計画だ。

スポンサーリンク


昨年のオーストラリアの生保への出資に続き、海外での事業拡大を加速する。

7月中に現地に保険ショップ事業を担う新会社を設立する。

500万ドル(約4億円)の資本金の74%をソニー生命が、26%を日本で保険販売の実績があるスターツ証券が出資する。

当局の認可や募集人の採用・教育を経て、18年夏に1号店の開業を目指す。

日本と同様に、働き手に万が一のことがあった場合に保険金を支払う死亡保障商品を中心に販売する。

シンガポールでは運用目的の貯蓄性商品のシェアが高く、死亡保障は経済の成熟度に比べてあまり普及していない。

コンサルティングを重視した日本の販売手法を取り入れれば、需要を掘り起こせるとみている。

(日本経済新聞  2017/06/29)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-8

    健康増進保険 開発相次ぐ

    運動や健康的な食事でメリットが得られる「健康増進保険」の開発・販売が活発だ。 東京海上日動あんしん…
  2. 2017-3-15

    知恵を吸収

    お茶の水女子大学と産学連携を結んだSOMPOホールディングス。​ 社長の櫻田謙悟さんは「ブランド、…
  3. 2018-8-16

    主要生保、5社増収 4~6月 日生の総資産、初のかんぽ超え

    国内の主な生命保険会社8社の2018年4~6月期決算が10日、出そろった。 売上高に相当する保険料…
  4. 2017-3-8

    シニア世代のためのライフプラン

    豊かな人生を過ごすための シニアライフ・プランニング 仏教の世界で人間のあらゆる苦しみのことを「四…
  5. 2018-7-25

    外貨建て保険元本割れ対応 生保協、銀行と連携 リスクの説明徹底へ

    外貨建て保険元本割れ対応について 生命保険協会の稲垣精二会長(第一生命保険社長)は20日、就任後初…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る