日本生命 投融資の高度化加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日銀の金融政策により低金利が常態化するなか、機関投資家である生命保険の運用が変化を余儀なくされている。

融資先も多角化し、インフラなどプロジェクトファイナンスに注力する企業も増えている。

スポンサーリンク


低金利環境に終わりが見えないなか、いかに投融資の高度化を図り、効率的な運用を実現するかー。

日本生命保険の清水博取締役専務執行役員に聞いた。

ー上期の市場は波乱少なく順調でした。下期の見通しは。

「上期は市場が順調であり、計画通りの投融資ができた。下期はFRBの利上げ観測や北朝鮮の地政学リスクがあるが、見通しを大きく変える必要はないだろう。計画通り進めていく」

ー新中期経営企画では成長・新規領域への投資を打ち出しています。

「インフラや環境、新興国などの分野に、2017年度から20年度までの4年間で1兆5000億円を投じる計画だ。国内の再生可能エネルギー案件や社会貢献債(ソーシャルボンド)など、9月末までに3000億円を投融資した」

ーEGS(環境・社会・統治)投融資の方針は。

「EGSという概念が広まる前から我々の投資方針は環境・社会・統治を重視していた。EGSとは生保の運用そのものと言える。これまでは金額目標を設置していなかったが、17-20年度までに2000億円投融資する計画で、足元の状況は1000億円程度だ」

(日刊工業新聞  2017/10/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-13

    保険比較開発 内外から批判 アイリックコーポレーション社長 勝本竜二さん 「顧客第一」貫き成長

    勝本さんは保険代理店を設立し、「本当に必要な情報を顧客は受け取っているのか」という思いから、各社の契…
  2. 2018-11-12

    外貨保険、中途解約リスク

    ​退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建て保険を契約する人が増えている。 米ドル、豪ドルといっ…
  3. 2017-5-9

    超低金利時代に耐える商品を

    日本生命保険の筒井義信社長が8日、朝日新聞のインタビューに応じ、「超低金利時代にも耐えうる新しい保険…
  4. 2017-3-7

    ダンドリ

    実際の行動に移る前の「ダンドリ」を以下にきめ細かく手抜きなくやるかは、あなたの行動の成否を握っていま…
  5. 2018-5-18

    保障性商品の充実急ぐ 明治安田生命社長 根岸秋男氏

    明治安田生命保険は、2017年に始めた中期経営計画が2年目に入った。 18年3月期連結決算は米国子…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る