日本生命 投融資の高度化加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日銀の金融政策により低金利が常態化するなか、機関投資家である生命保険の運用が変化を余儀なくされている。

融資先も多角化し、インフラなどプロジェクトファイナンスに注力する企業も増えている。

スポンサーリンク


低金利環境に終わりが見えないなか、いかに投融資の高度化を図り、効率的な運用を実現するかー。

日本生命保険の清水博取締役専務執行役員に聞いた。

ー上期の市場は波乱少なく順調でした。下期の見通しは。

「上期は市場が順調であり、計画通りの投融資ができた。下期はFRBの利上げ観測や北朝鮮の地政学リスクがあるが、見通しを大きく変える必要はないだろう。計画通り進めていく」

ー新中期経営企画では成長・新規領域への投資を打ち出しています。

「インフラや環境、新興国などの分野に、2017年度から20年度までの4年間で1兆5000億円を投じる計画だ。国内の再生可能エネルギー案件や社会貢献債(ソーシャルボンド)など、9月末までに3000億円を投融資した」

ーEGS(環境・社会・統治)投融資の方針は。

「EGSという概念が広まる前から我々の投資方針は環境・社会・統治を重視していた。EGSとは生保の運用そのものと言える。これまでは金額目標を設置していなかったが、17-20年度までに2000億円投融資する計画で、足元の状況は1000億円程度だ」

(日刊工業新聞  2017/10/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-11

    金融庁新長官、多難な船出 遠藤氏、地銀改革踏襲も独自色出せるか

    ​金融庁長官への昇格が決まった遠藤俊英監督局長にとって、森信親長官が進めてきた地銀改革が引き続き大き…
  2. 2017-2-24

    ③ファクトファインディング時のポイント

    1.事情聴取のようにならないようにする 例えば、収入について聞き取る場面で、こんな聴き方をする人は…
  3. 2017-3-9

    1.企業会計その(1)

    法人契約を取り扱うためには社長と話をしなければなりません。 また、税理士は法人案件の紹介元になった…
  4. 2017-3-6

    3.みなし贈与財産

    みなし贈与財産とは 贈与とは、「あげます」「はい、いただきます」という双方合意の契約です。 …
  5. 2017-4-13

    トップは語る 第一生命ホールディングス

    第一生命ホールディングス社長 稲垣 精二さん(53) 環境変化味方に独自性や差別化 ​ーーー持ち株…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る