米国社債への投資拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生保大手計画 インフラ融資も強化

生命保険大手5社の平成29年度上期の運用計画が26日、出そろった。

スポンサーリンク


国内では低金利が続く中、各社は米国社債への投資やインフラ事業向け融資を強化する。

住友生命保険は国債以外の、社債やリースなどリスク資産に対し、今後3年間で2兆円を投じる計画を打ち出した。

同社の松本巌運用企画部長は「米子会社との相乗効果を発揮し、外貨建て事業債への投資を拡大する」と話す。

日本生命保険は32年度までに、1.5兆円を成長分野に投資する。

今年度から、海外インフラに対する投融資を本格化する。

同様に第一生命保険とかんぽ生命保険は、共同でインフラ事業への投融資を進める。

一方、明治安田生命保険は今年度、米ドル建てを中心とした海外社債に1500億円を投じる方針だ。

ドル建ての公募社債の自家運用に乗り出す。

(産経新聞 2017/04/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-11

    健康経営支援、埼玉県と連携 アクサ生命

    アクサ生命保険は埼玉県と県内企業の健康経営の取り組みを推進する連携協定を6日に結んだ。 県内に14…
  2. 2017-3-10

    承認欲求って、結構強いもんだよ

    会社の中には、長やリーダーがいます。 この人たちを中心に、いろいろなプログラムが組まれ、仕事が進行…
  3. 2018-3-22

    生保、非競争分野を統合、大手6社の年金管理

    ​大手生命保険6社が団体年金を管理する事業を統合する。 各社とも競い合う必要がない「非競争領域…
  4. 2017-3-22

    団体年金の運用、相場下落に強く、明治安田が新商品

    明治安田生命保険は運用環境の変化に応じて柔軟に資産構成を入れ替える年金商品を開発した。 ​スポン…
  5. 2017-2-22

    2.法人保険と個人保険の比較

    法人保険と個人保険の比較 販売方法 ・個人保険    ①アプローチ             …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る