米国社債への投資拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生保大手計画 インフラ融資も強化

生命保険大手5社の平成29年度上期の運用計画が26日、出そろった。

スポンサーリンク


国内では低金利が続く中、各社は米国社債への投資やインフラ事業向け融資を強化する。

住友生命保険は国債以外の、社債やリースなどリスク資産に対し、今後3年間で2兆円を投じる計画を打ち出した。

同社の松本巌運用企画部長は「米子会社との相乗効果を発揮し、外貨建て事業債への投資を拡大する」と話す。

日本生命保険は32年度までに、1.5兆円を成長分野に投資する。

今年度から、海外インフラに対する投融資を本格化する。

同様に第一生命保険とかんぽ生命保険は、共同でインフラ事業への投融資を進める。

一方、明治安田生命保険は今年度、米ドル建てを中心とした海外社債に1500億円を投じる方針だ。

ドル建ての公募社債の自家運用に乗り出す。

(産経新聞 2017/04/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    ③アフターフォローの重要性

    生命保険は、加入しても直ぐに役に立つことがほとんどないといっても良いほどの珍しい商品です。 そして…
  2. 2018-1-24

    公的保険徹底マスターの重要性

    年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。 政府は原則65歳としている(…
  3. 2017-3-5

    お客さまが喜ぶことこそ、自分にメリットがある

    人間は変化を嫌います。 あらゆる仕事のプロセスは、始めたときには、必要性があって始められています。…
  4. 2017-3-15

    知恵を吸収

    お茶の水女子大学と産学連携を結んだSOMPOホールディングス。​ 社長の櫻田謙悟さんは「ブランド、…
  5. 2017-2-27

    8.おススメ商品は、たった一つで良い

    生命保険会社を多数乗り合っている代理店であっても、売ることができるすべての商品を、お客さまの前に提示…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る