米国社債への投資拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生保大手計画 インフラ融資も強化

生命保険大手5社の平成29年度上期の運用計画が26日、出そろった。

スポンサーリンク


国内では低金利が続く中、各社は米国社債への投資やインフラ事業向け融資を強化する。

住友生命保険は国債以外の、社債やリースなどリスク資産に対し、今後3年間で2兆円を投じる計画を打ち出した。

同社の松本巌運用企画部長は「米子会社との相乗効果を発揮し、外貨建て事業債への投資を拡大する」と話す。

日本生命保険は32年度までに、1.5兆円を成長分野に投資する。

今年度から、海外インフラに対する投融資を本格化する。

同様に第一生命保険とかんぽ生命保険は、共同でインフラ事業への投融資を進める。

一方、明治安田生命保険は今年度、米ドル建てを中心とした海外社債に1500億円を投じる方針だ。

ドル建ての公募社債の自家運用に乗り出す。

(産経新聞 2017/04/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-11

    銀行窓販で「トンチン」年金 T&Dフィナンシャル生命、シニア層に訴求

    ​​T&Dフィナンシャル生命保険は、一時払い型の長寿生存年金保険「長寿プレミアム」を17日に発売する…
  2. 2018-8-3

    日生、「税務基本方針」策定 大手生保で初

    日本生命保険は31日、「税務基本方針」を策定したと発表した。 国内市場の低金利で海外取引が増える中…
  3. 2018-2-26

    生保各社、生き残りかけ販売競争

    長寿化に伴い、生命保険各社で保険料率を見直す動きが広がっている。 保険金の支払い負担が減っている死…
  4. 2017-6-6

    障害者雇用を促進

    明治安田生命保険は障害者雇用促進のため100%子会社「明治安田ビジネスプラス」を設立した。 ​ 主…
  5. 2017-3-6

    生命保険顧客3人から計1億円搾取

    メットライフ生命は3日、東京都中央区の営業所「銀座中央エイジェンシーオフィス」の責任者だった元契約社…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る