米国社債への投資拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生保大手計画 インフラ融資も強化

生命保険大手5社の平成29年度上期の運用計画が26日、出そろった。

スポンサーリンク


国内では低金利が続く中、各社は米国社債への投資やインフラ事業向け融資を強化する。

住友生命保険は国債以外の、社債やリースなどリスク資産に対し、今後3年間で2兆円を投じる計画を打ち出した。

同社の松本巌運用企画部長は「米子会社との相乗効果を発揮し、外貨建て事業債への投資を拡大する」と話す。

日本生命保険は32年度までに、1.5兆円を成長分野に投資する。

今年度から、海外インフラに対する投融資を本格化する。

同様に第一生命保険とかんぽ生命保険は、共同でインフラ事業への投融資を進める。

一方、明治安田生命保険は今年度、米ドル建てを中心とした海外社債に1500億円を投じる方針だ。

ドル建ての公募社債の自家運用に乗り出す。

(産経新聞 2017/04/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-8-3

    日生、「税務基本方針」策定 大手生保で初

    日本生命保険は31日、「税務基本方針」を策定したと発表した。 国内市場の低金利で海外取引が増える中…
  2. 2017-3-2

    3月2日は「少額短期保険(ミニ保険)の日」

    設立から10年がたった日本少額短期保険協会は、3(ミ)月2(ニ)日を「少額短期保険(ミニ保険)の日」…
  3. 2017-3-16

    貯蓄型保険 値上げの春 ​マイナス金利の影響で運用悪化

    貯蓄型の終身保険や学資保険などの保険料が、4月に一斉値上げされる。 日本銀行のマイナス金利政策で保…
  4. 2018-1-5

    2018成長への展望 外貨建てで資産形成ニーズに応える 明治安田生命保険社長 根岸秋男さん

    異常な低金利環境が当面続くだろう。 外貨建て商品や保障性商品に力を入れたい。 米国の公募社債…
  5. 2018-11-27

    新興バイオに1億円

    第一生命が27日にも、バイオベンチャー企業の「モルキュア」に1億円投資することがわかった。 社会的…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る