国内主要生保10社 外債シフト鮮明に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内主要生命保険10社の2017年度下期資産運用計画が26日までに出そろった。

上期に続き国債から外債へ投資シフトが鮮明で、10社中9社が外債投資の拡大を計画。​

今春から販売が増えてきた外貨建て保険の好調も、外債投資を後押しする。
 

​米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げによる為替ヘッジコストの増大、日米金利差拡大による円安進行観測から、各社は外国の国債や社債を買い増す計画。

外貨建て保険が好調なことも外債投資拡大に結びついている。

日銀の金利政策で長期金利がゼロ近傍に抑えられている中、国債投資のうまみは減少。

各社のゆるやかな国債離れも継続している。

債権や株式とは異なる新たな投資も着実に増えている。

特に景気変動に強いと言われるインフラ投資が活発だ。

国内株の運用方針はまちまちだが、日経平均株価の堅調上昇を受け、18年3月末時点の株価予想を引き上げる会社が多かった。

(日刊工業新聞  2017/10/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-13

    聞くちから

    今、あなたが置かれている環境は、「話しやすい」空間でしょうか。 とても話しやすい環境だとしたら、周…
  2. 2017-2-27

    4.高いものイコール良いもの

    固定的動作パターン(本能行動) 動物を考えてください。オスメスは互いに惹かれあい、つがいになり生殖…
  3. 2017-3-1

    3.成長期

    成長期の法人とは、おおよそ創業10年を超え毎年増収を継続するような、伸び盛りの時期です。 事業を継…
  4. 2017-6-30

    太陽生命 個人年金保険を外貨建てに刷新

    太陽生命保険は7月3日から、外貨建ての個人年金保険の取り扱いを始める。​ 三菱東京UFJ銀行の窓口…
  5. 2017-5-19

    大同生命 ユニバーサルマナー検定3級取得

    大同生命保険は、障害者や高齢者らをはじめ顧客一人一人の視点に立った行動の実践に向け、日本ユニバーサル…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る