国内主要生保10社 外債シフト鮮明に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内主要生命保険10社の2017年度下期資産運用計画が26日までに出そろった。

上期に続き国債から外債へ投資シフトが鮮明で、10社中9社が外債投資の拡大を計画。​

今春から販売が増えてきた外貨建て保険の好調も、外債投資を後押しする。
 

​米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げによる為替ヘッジコストの増大、日米金利差拡大による円安進行観測から、各社は外国の国債や社債を買い増す計画。

外貨建て保険が好調なことも外債投資拡大に結びついている。

日銀の金利政策で長期金利がゼロ近傍に抑えられている中、国債投資のうまみは減少。

各社のゆるやかな国債離れも継続している。

債権や株式とは異なる新たな投資も着実に増えている。

特に景気変動に強いと言われるインフラ投資が活発だ。

国内株の運用方針はまちまちだが、日経平均株価の堅調上昇を受け、18年3月末時点の株価予想を引き上げる会社が多かった。

(日刊工業新聞  2017/10/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-3

    3.お金の増やし方・使い方・守り方

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  2. 2017-3-5

    行動基準を「自分」から「相手」に変えると・・・!?

    日米の交通マナーの差 1.信号の無い横断歩道に人が立っている場合、日本では止まらない車の方が圧倒的…
  3. 2017-11-14

    日生がアンケート 働き方改革業種で差

    日本生命保険は13日、23日の「勤労感謝の日」に先立ち、勤労・仕事に関するアンケートを実施した。 …
  4. 2017-5-22

    損保3G、当期最高益

    大手損害保険グループ3社は、2018年3月期に6期連続となる当期利益の過去最高更新を目指す。​ 株…
  5. 2017-3-21

    カードローンや金券提供、過剰営業「自粛を」、全銀協・生保協

    ​ 全国銀行協会と生命保険協会は16日、相次いで過剰な営業を控えるように加盟社に求めた。 生保協…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る