国内主要生保10社 外債シフト鮮明に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内主要生命保険10社の2017年度下期資産運用計画が26日までに出そろった。

上期に続き国債から外債へ投資シフトが鮮明で、10社中9社が外債投資の拡大を計画。​

今春から販売が増えてきた外貨建て保険の好調も、外債投資を後押しする。
 

​米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げによる為替ヘッジコストの増大、日米金利差拡大による円安進行観測から、各社は外国の国債や社債を買い増す計画。

外貨建て保険が好調なことも外債投資拡大に結びついている。

日銀の金利政策で長期金利がゼロ近傍に抑えられている中、国債投資のうまみは減少。

各社のゆるやかな国債離れも継続している。

債権や株式とは異なる新たな投資も着実に増えている。

特に景気変動に強いと言われるインフラ投資が活発だ。

国内株の運用方針はまちまちだが、日経平均株価の堅調上昇を受け、18年3月末時点の株価予想を引き上げる会社が多かった。

(日刊工業新聞  2017/10/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-18

    日生の営業、AIタブレットで 来春めど、職員5万人に

    日本生命保険は、顧客に最もふさわしい商品や特典をAI(人工知能)が自動で判断するタブレット端末を、す…
  2. 2017-3-8

    貯蓄性商品 保険料上げ 生保各社来月 運用利回り低迷

    生命保険各社は4月以降、「貯蓄性商品」の保険料値上げに一斉に踏み切る。 保険料の運用利回り低迷が背…
  3. 2017-9-22

    仮想ロボ導入 生損保で続々

    保険会社で、定型的な事務作業を自動化するコンピュータプログラム「RPA」の導入が活発だ。​ 日本生…
  4. 2017-6-21

    日生、外貨建て保険の扱い10月開始

    日本生命保険は20日、10月から営業職員が外貨建て保険の取り扱いを始めると発表した。 比較的高い利…
  5. 2017-5-29

    ネット通販など契約ルール明確化

    インターネット通販や生命保険などの契約ルールを明確化する改正民法が26日、参院本会議で可決、成立した…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る