日生、加入基準の緩和視野

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、ビッグデータ(大量データ)の収集や分析などを行う「データサイエンティスト」の育成に乗り出す。

保険契約時の健康状態と将来に支払う保険金の関係性を高度に分析し、保険の加入基準の緩和につなげる、基準が引き下がれば、より多くのひとが保険に入れるようになる。

自前で人材をそろえ、社内外のビッグデータの活用を強化する。

​既に職員約30人を育成講座に派遣しており、数年かけて100人規模に増やす方針だ。

生保会社はデータを扱う社員を一定規模抱えるが、ビッグデータの収集や分析、既存事業への応用などを専門的に担うデータサイエンティストを本格的に育成するのは日本生命が業界で始めて。

生命保険は契約者間の公平性維持などの観点から一定の加入基準を設け、死亡や病気のリスクが高い人の引き受けを制限する。

育成したデータサイエンティストは新たな医療データなどを外部から調達し、日本生命が持つ保険金の支払い実績などととともに好悪度名分析を実施する。

特定の健康状態がこれまで考えていたよりも保険金の発生が少ないといった新たな関係性が確認できれば、加入基準を緩和し、広く保障を提供できるようになる。

さらに、超定期金利環境の長期化にさらされる資産運用や顧客開拓などのマーケティング分野にもデータサイエンティストを登用し、先端データの分析や利活用を進める。

現在、データの取り扱いに携る職員を中心に、東京大学やブレインパッドの育成講座に派遣しており、今後も取り組みを継続し​​、数年かけて大幅に増員する。

(日刊工業新聞 2018/08/31)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-30

    第一生命HDの利益目標 20年度に2500億円

    第一生命ホールディングスは29日、2020年度までの新中期経営計画「コネクト2020」を発表した。 …
  2. 2018-3-1

    生保タッグで対話強化、日生・第一など10社、投資先に改善促す

    日本生命保険や第一生命保険など生保10社が、投資先企業との対話強化へ連携する。 年度内にも投資先1…
  3. 2017-5-1

    かんぽ生命、値上げを好機に

    ​かんぽ生命が4月に保険料を値上げしたものの、新規客の獲得で予想外に健闘している。 ​関係者は、4…
  4. 2017-2-27

    5.映像でイメージできるほど伝わっているか

    私たちが話したことが、お客さまの頭の中で映像で浮かんでくるほど想像しやすいかどうかはとても重要です。…
  5. 2017-8-17

    エヌエヌ生命、年内に専門部署 新興企業と連携深化

    エヌエヌ生命保険はスタートアップ企業と連携深化のための専門部署「スパークラボ」を年内に立ち上げる。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る