日生、加入基準の緩和視野

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、ビッグデータ(大量データ)の収集や分析などを行う「データサイエンティスト」の育成に乗り出す。

保険契約時の健康状態と将来に支払う保険金の関係性を高度に分析し、保険の加入基準の緩和につなげる、基準が引き下がれば、より多くのひとが保険に入れるようになる。

自前で人材をそろえ、社内外のビッグデータの活用を強化する。

​既に職員約30人を育成講座に派遣しており、数年かけて100人規模に増やす方針だ。

生保会社はデータを扱う社員を一定規模抱えるが、ビッグデータの収集や分析、既存事業への応用などを専門的に担うデータサイエンティストを本格的に育成するのは日本生命が業界で始めて。

生命保険は契約者間の公平性維持などの観点から一定の加入基準を設け、死亡や病気のリスクが高い人の引き受けを制限する。

育成したデータサイエンティストは新たな医療データなどを外部から調達し、日本生命が持つ保険金の支払い実績などととともに好悪度名分析を実施する。

特定の健康状態がこれまで考えていたよりも保険金の発生が少ないといった新たな関係性が確認できれば、加入基準を緩和し、広く保障を提供できるようになる。

さらに、超定期金利環境の長期化にさらされる資産運用や顧客開拓などのマーケティング分野にもデータサイエンティストを登用し、先端データの分析や利活用を進める。

現在、データの取り扱いに携る職員を中心に、東京大学やブレインパッドの育成講座に派遣しており、今後も取り組みを継続し​​、数年かけて大幅に増員する。

(日刊工業新聞 2018/08/31)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-22

    5.経営者の一番の悩み事業承継

    事業承継には2つの要素があります。(何を継ぐか)    ・1つめは 「財産」を継ぐこと    …
  2. 2017-5-24

    勝者の選択 ニーズコンサルティングセールス

    生命保険販売を成功に導く「営業の王道」を3部作シリーズ 第1作 「生命保険販売の心理学」~人…
  3. 2017-2-27

    3.人がやらないことをやることが、希少性

    生命保険という商品は、「この商品はいつでも購入できる」と思われています。 それは通常のビジネスでは…
  4. 2017-12-19

    生保各社、収益安定とサービス向上

    生命保険各社が、唾液などで病気かどうかが分かる簡易検査技術の確立や普及に向け、医療ベンチャーなどと協…
  5. 2017-8-3

    意見交換会で提起した論点を公表

    金融庁は​7月7日、業界団体との意見交換会で提起した論点を公表した。 生保協会及び生損保両協会共通…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る