大同生命、手軽なツール 健康経営中小をサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大同生命保険が4月に発売した中小企業向け健康経営支援サービス「ケンコウサポートプログラム」が好調だ。​

足元の契約社数は約2700社で、発売当初の目標である年2500社を早々に突破。

ユーザー数も1万人を超えた。

「中小企業の健康経営への関心が高まっている」と、契約数を順調に伸ばしている。

健康診断の受診促進や生活習慣病の発症予測、日々の体重・運動データの記録などの機能をパッケージ化し、インターネット上でサービスを提供する。

健康増進活動でポイントをため、特典と引き換えできるサービスも好評だ。

料金は利用者1人当たり300円。

(日刊工業新聞 2017/10/12)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-20

    生損保、社外連携活発に

    保険会社が社外と連携して革新的なビジネス創出を目指す「オープンイノベーション」の取り組みを活発化させ…
  2. 2017-2-27

    営業職を対象に生保営業職賃金値上げ方針 日生・住生・明治安田

    ​日本生命は営業成績に応じて決まる「成果給」を引き上げる。 日本生命保険と住友生命保険、明治安田生…
  3. 2017-3-16

    新人営業マンのためのマナースキル 企業訪問の流れ

    企業訪問の流れ 1.面談の約束を取る ① 用件を簡単に伝え、相手のスケジュールを優先する 「~…
  4. 2017-2-21

    6.今できることは何ですか

    自分と未来は変えられる。 自分で変えられるものは、「思考・行動・未来」です。 では、あなたが…
  5. 2017-10-26

    保険会社、家事代行と提携(ひまわり生命、料金1割引き)

    ​共働き世帯の増加に伴い、保険会社の間で家事代行業者と提携する動きが広がっている。 損保ジャパン日…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る