大同生命、手軽なツール 健康経営中小をサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大同生命保険が4月に発売した中小企業向け健康経営支援サービス「ケンコウサポートプログラム」が好調だ。​

足元の契約社数は約2700社で、発売当初の目標である年2500社を早々に突破。

ユーザー数も1万人を超えた。

「中小企業の健康経営への関心が高まっている」と、契約数を順調に伸ばしている。

健康診断の受診促進や生活習慣病の発症予測、日々の体重・運動データの記録などの機能をパッケージ化し、インターネット上でサービスを提供する。

健康増進活動でポイントをため、特典と引き換えできるサービスも好評だ。

料金は利用者1人当たり300円。

(日刊工業新聞 2017/10/12)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-8-21

    欧で保険比較サイト計画 米アマゾン、金融サービス参入視野

    米アマゾン、金融サービス参入視野。 米インターネット通信最大手アマゾン・ドット・コムは、欧州の複数…
  2. 2017-5-12

    東京海上日動火災保険社長北沢利文さん 日本の魅力発信

    「2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、日本への注目が集まっていると感じている」と語るのは、東…
  3. 2018-3-13

    日生は総額300億円!大手生保が運用難でも契約者に還元する事情

    生命保険業界で今春、大きな焦点となっていた長寿化(標準生命表の死亡率の改善)に伴う保険料率の改定。 …
  4. 2018-11-28

    生保、当面は慎重運用

    利上げ局面にある米金融政策や米中貿易戦争の行方などが読みにくく、金融市場の先行き不透明感は強まってい…
  5. 2017-6-7

    日生、営業ノウハウ移植

    日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る