大同生命、手軽なツール 健康経営中小をサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大同生命保険が4月に発売した中小企業向け健康経営支援サービス「ケンコウサポートプログラム」が好調だ。​

足元の契約社数は約2700社で、発売当初の目標である年2500社を早々に突破。

ユーザー数も1万人を超えた。

「中小企業の健康経営への関心が高まっている」と、契約数を順調に伸ばしている。

健康診断の受診促進や生活習慣病の発症予測、日々の体重・運動データの記録などの機能をパッケージ化し、インターネット上でサービスを提供する。

健康増進活動でポイントをため、特典と引き換えできるサービスも好評だ。

料金は利用者1人当たり300円。

(日刊工業新聞 2017/10/12)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-22

    外貨建て保険 絶えぬトラブル 高齢者中心に相談増加

    ​銀行窓口で販売する保険商品をめぐってトラブルが絶えない。 「外貨建て保険」に対し、高齢者を中心に…
  2. 2017-3-24

    ロボの不調 保険で安心

    東京海上日動火災保険は、介護ロボットや人の話し相手などをするコミュニケーションロボットを対象にした「…
  3. 2018-11-22

    認知症保険、生損保競う アプリも提供

    保険各社が、認知症関連の保険商品を相次いで投入している。 平均寿命が延びる中、認知症が「長生き」に…
  4. 2018-9-3

    日生、加入基準の緩和視野

    日本生命保険は、ビッグデータ(大量データ)の収集や分析などを行う「データサイエンティスト」の育成に乗…
  5. 2017-10-11

    11月8日はレントゲンの日

    X線は、1895年ドイツの物理学者 ヴィルヘルム・レントゲン博士により偶然発見されました。 真空管…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る