生保協会長、各社のノウハウ共有

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険協会の橋本雅博会長は15日の定例会見で、「長期にわたり顧客の生活を支えるのが保険会社の使命」と述べ、業界全体で健康寿命の延伸に取り組む考えを明らかにした。

生保各社がそれぞれ持っている健康寿命に関わる情報やノウハウを共有し、業界全体の機運を高める。

スポンサーリンク


​橋本会長は「健康は国民生活の質を向上させ、地域の活性化や企業の生産性、収益性を高める」と話し、健康寿命を延ばす意義を説明。

業界全体で取り組み必要性を強調した。

また、スポーツを通じた健康づくりを推進している企業や団体などに贈る「スポーティライフ大賞」を創設する。

全国から募集し、特徴的な取り組みはまとめて公表する計画だ。

 

​生命保険協会の『「健康増進サポートプロジェクト」の実施』に関するニュースリリースはこちら

http://www.seiho.or.jp/info/news/2017/20170915_1.html

(フジサンケイビジネスアイ  2017/09/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-17

    第一生命、詐欺防止へ福岡市と協定

    第一生命保険は14日、営業職員を活用して、高齢者らの詐欺や悪質商法の被害を防止するための協定を福岡市…
  2. 2017-2-24

    ②ファクトファインディングの目的

    ファクトファイディングの目的は、必要保障額の算出に必要な情報を得ながら深い信頼を築き、紹介入手のため…
  3. 2017-3-15

    セカンドオピニオンで助かった、陽子線(先進医療)による膀胱がん治療

    68歳の男性です。膀胱がんと診断され、膀胱全摘術をして人工膀胱を作る必要があるといわれましたが、セカ…
  4. 2017-2-22

    1.法人保険とは

    法人保険へのチャレンジ 法人保険にチャレンジしない理由を聞くと スポンサーリンク …
  5. 2017-2-24

    ②アプローチブック

    ファーストアプローチで使うツールとしてアプローチブックがあります。 生命保険各社が用意しているもの…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る