生保協会長、各社のノウハウ共有

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険協会の橋本雅博会長は15日の定例会見で、「長期にわたり顧客の生活を支えるのが保険会社の使命」と述べ、業界全体で健康寿命の延伸に取り組む考えを明らかにした。

生保各社がそれぞれ持っている健康寿命に関わる情報やノウハウを共有し、業界全体の機運を高める。

スポンサーリンク


​橋本会長は「健康は国民生活の質を向上させ、地域の活性化や企業の生産性、収益性を高める」と話し、健康寿命を延ばす意義を説明。

業界全体で取り組み必要性を強調した。

また、スポーツを通じた健康づくりを推進している企業や団体などに贈る「スポーティライフ大賞」を創設する。

全国から募集し、特徴的な取り組みはまとめて公表する計画だ。

 

​生命保険協会の『「健康増進サポートプロジェクト」の実施』に関するニュースリリースはこちら

http://www.seiho.or.jp/info/news/2017/20170915_1.html

(フジサンケイビジネスアイ  2017/09/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-23

    就業不能保険への参入相次ぐ

    ​病気やケガなどで働けなくなると保険金が出る「就業不能保険」への生命保険各社の参入が相次いでいる。 …
  2. 2018-2-20

    三井生命 明美ちゃん基金24年連続の寄託

    「明美ちゃん基金」 ​三井生命保険の土屋雄一郎企画部長(48)らが19日、東京・大手町の産経新聞を…
  3. 2017-3-9

    4.企業会計の原則

    企業会計原則 企業会計においては、○○の原則といった言葉が出てくることがあります。 これは企…
  4. 2017-12-4

    日生 海外幹部3倍計画

    ​日本生命保険は、海外グループ会社の経営を担える人材の育成を強化する。 2030年までに現地ビジネ…
  5. 2018-4-5

    生協健保 解散を検討

    全国の生協(コープ)の従業員や扶養家族約16万4000人が加入する「日生協健康保険組合」が、早ければ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る