日生、米系生保買収へ 1000~2000億円 銀行窓販を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は中堅のマスミューチュアル生命保険を買収する最終交渉に入った。

株式の過半を取得する方向。買収額は1000億~2000億円の見込み。

スポンサーリンク


銀行窓販での保険販売が専門のマスミューチュアルを傘下に収めることで、第一生命ホールディングスの後じんを拝してきた銀行窓販部門を強化する。

生保最大手の日本生命が動き出したことにより、国内生保で再編機運が高まる可能性がある。
 

​国内生保の再編は2015年、日本生命が三井生命保険を買収して以来。

両社は近く基本合意し、今年度内の契約締結を目指している。

マスミューチュアルは米マスミューチュアル・フィナンシャル・グループの日本法人。

保険商品の銀行窓販の解禁を受け、04年から窓販に特化した専門生保として成長してきた。

外貨建て商品のほか、高齢者向けの年金商品や運用として扱う終身保険などを銀行経由で販売。

保険料等収入は15年3月期に4689億円。ただ銀行窓販は足元では日銀のマイナス金利政策のあおりを受け販売が低迷している。

15年度に7兆円近くあった市場規模は1年で4兆円程度に縮小。

マスミューチュアルの17年3月期の保険料等収入は3229億円に落ち込んでおり、テコ入れが必要となっていた。

一方、営業職員による販売網に強みを持つ日本生命は、大手生保の中ではもともと銀行窓販に慎重だった。

日本経済新聞の聞き取り調査では、マイナス金利導入前の15年度の窓販の規模は3位だったが、16年度は三井住友海上プライマリー生命保険、第一生命、住友生命保険、メットライフに続く5位だった。

今回、日本生命は中長期的には銀行窓販は成長分野と判断し、積極路線に転じる。今回の買収で窓販では第一生命に次ぐ規模になる見通しだ。

(日本経済新聞 2017/10/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-19

    日生出資のインドネシア生保 中間層開拓新規契約3倍

    日本生命保険が20%出資するインドネシアの生命保険「セクイスライフ」は中間所得層の開拓を加速、201…
  2. 2017-10-25

    「肝機能障害」 「肝炎ウイルスキャリア」 「急性肝炎」 「慢性肝炎」 沈黙の臓器! 肝臓疾患を徹底解説

    肝臓はなんと500以上の機能を持つ重要な臓器です。 そんな働き者の肝臓は、多少のダメージを受けたく…
  3. 2017-3-2

    日生、初任給引き上げ 10年ぶり最大1万円

    日本生命が大卒の総合職や事務職といった内勤社員の初任給を最大1万円引き上げることが1日、分かった。 …
  4. 2018-4-20

    「グループ利益、3000億円に」、第一生命HD社長、東南アなど潜在市場を開拓。

    ​第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長は日本経済新聞の取材に応じ、2023年度をめどにグル…
  5. 2017-2-28

    4.営業セオリーの手順

    営業セオリーの手順は、以下の順番になります。 ①一般論により問題点を指摘する ②問題点を自分…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る