生活習慣病入院予測分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命保険と日立製作所は「生活習慣病による入院の可能性とその日数を予測するモデル」を共同開発した。

第一生命が蓄積する約1000万人の医療ビッグデータを、日立のノウハウで解析する。

第一生命は同モデルに​基づき7月に保険の引き受け基準を見直し、1カ月で300人の新規加入があった。

一連の成果は業界で初めてという。

人工知能(AI)を使い、過去の治療歴や健康診断結果など900を超える情報から複数の要因を組み合わせ、将来リスクを予測した。

このモデルを生命保険の引き受け判断に活用することで、これまで生活習慣病リスクが高いとされてきた高血圧治療中の人でも、健康な人と同条件で保険に加入できる可能性が広がった。

今回の成果を踏まえ、9月から「一人ひとりの検診結果の推移や生活習慣の変化」に着目した基礎研究を始める予定。

(日刊工業新聞  2017/09/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-1

    保険の共同開発検討(マツキヨHDと第一生命)

    マツモトキヨシHDと第一生命HDは30日、一般消費者向けの保険販売で業務提携すると発表した。  第…
  2. 2018-5-9

    沖縄銀、生保全商品の申し込み電子化

    沖縄銀行は取り扱うすべての生命保険商品の申し込み手続きを、タブレット端末でできるようにした。 従来…
  3. 2018-1-31

    ゆうちょ銀・かんぽ 資産運用会社を新設

    ​ゆうちょ銀行とかんぽ生命は30日、PE(プライベート・エクイティ)ファンド運用会社を2月9日に設立…
  4. 2017-4-10

    生保、外貨建てに活路

    ​大手生命保険が外貨建て保険の販売に力を入れている。 ​住友生命保険は月内に最長10年間、払い込ん…
  5. 2017-9-5

    生活習慣病入院予測分析

    第一生命保険と日立製作所は「生活習慣病による入院の可能性とその日数を予測するモデル」を共同開発した。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る