生活習慣病入院予測分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命保険と日立製作所は「生活習慣病による入院の可能性とその日数を予測するモデル」を共同開発した。

第一生命が蓄積する約1000万人の医療ビッグデータを、日立のノウハウで解析する。

第一生命は同モデルに​基づき7月に保険の引き受け基準を見直し、1カ月で300人の新規加入があった。

一連の成果は業界で初めてという。

人工知能(AI)を使い、過去の治療歴や健康診断結果など900を超える情報から複数の要因を組み合わせ、将来リスクを予測した。

このモデルを生命保険の引き受け判断に活用することで、これまで生活習慣病リスクが高いとされてきた高血圧治療中の人でも、健康な人と同条件で保険に加入できる可能性が広がった。

今回の成果を踏まえ、9月から「一人ひとりの検診結果の推移や生活習慣の変化」に着目した基礎研究を始める予定。

(日刊工業新聞  2017/09/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-12-17

    外貨建て保険、監督強化 誤解招く利回り説明を見直しへ

    金融庁が生命保険会社の外貨建て保険の監督強化に乗り出した。 超低金利の中で高利回りの外貨建て…
  2. 2018-4-16

    異能の新卒 求める金融

    大手金融機関は、幹部候補となるゼネラリストを大量に確保する従来の新卒採用を見直し、とがった「異能人材…
  3. 2017-3-1

    7.赤字企業

    赤字企業で気をつけなくてはならないのは連帯保証債務です。 赤字企業の生命保険の加入目的は、社長に万…
  4. 2017-12-22

    保険の銀行窓販解禁10年(全体の1割にとどまる)

    銀行窓口での保険商品販売が全面解禁され、22日で10年を迎える。 取り扱う商品の幅は広がってきたが…
  5. 2017-9-13

    「結婚前提の交際」なし 過半数 独身アラサー 民間調査

    ​25~34歳の「アラサー世代」独身者の過半数が結婚を意識した男女交際をしたことがないという結果が、…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る