”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に投入するなど商品ラインアップを拡充し、減少が続く保険の保有契約高を「2-3年以内に反転させる」方針を示した。

同社は国営時代の契約が相次いで満期を迎え、契約減少が続く。

保障性商品の販売拡充やトンチン型保険など新商品に投入により、金額ベースで早期反転を目指す。

件数ベースはもう少し時間がかかる見通し。

トンチン型は”長生きするほど得をする”新タイプの保険。

保険料が一括払いで中途解約できず、満期に生存している人だけが元本や運用益を受け取れる仕組み。

国内では日本生命保険と第一生命保険が販売しており、かんぽ生命が発売すると3社目となる。


(日刊工業新聞  2017/08/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-10

    手間をかける

    紹介をたくさんもらえる人の特徴は、「彼は頼りになる」といった紹介をされる人です。 信頼されている…
  2. 2018-4-24

    保険会社、海外人材を育成

    ​保険会社がグローバル人材の育成に乗り出している。 日本人社員の育成やグローバルな人材交流を通じ、…
  3. 2018-12-14

    日本郵政、米アフラックに3000億円出資へ

      ​日本郵政は米保険大手のアフラック・インコーポレーテッドに約3000億円を出資する方針を固めた。…
  4. 2017-3-1

    1.経営者の必要保障額

    ”社長さん!4つの備え、できていますか?目的別に加入しないと損しますよ!” 4つの備え(今日は4つ…
  5. 2017-2-21

    生保、国債買い抑制も、今年度末、資産積み増す必要性後退

    例年、年度末に膨らむ傾向のある生命保険会社による国債買いが、今年は控えめな増え方になる可能性が出てき…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る