”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に投入するなど商品ラインアップを拡充し、減少が続く保険の保有契約高を「2-3年以内に反転させる」方針を示した。

同社は国営時代の契約が相次いで満期を迎え、契約減少が続く。

保障性商品の販売拡充やトンチン型保険など新商品に投入により、金額ベースで早期反転を目指す。

件数ベースはもう少し時間がかかる見通し。

トンチン型は”長生きするほど得をする”新タイプの保険。

保険料が一括払いで中途解約できず、満期に生存している人だけが元本や運用益を受け取れる仕組み。

国内では日本生命保険と第一生命保険が販売しており、かんぽ生命が発売すると3社目となる。


(日刊工業新聞  2017/08/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-20

    生保5社 法人保険の推進強化

    生命保険各社が、地域金融機関と連携して「法人保険」の推進を強化している。 逓増定期保険…
  2. 2017-7-11

    日本郵政社長長門正貢さん 良いM&A

    「M&A」は目的にはしていない。 大事なことは日本郵政という企業のパフォーマンスを上げるこ…
  3. 2018-5-1

    明治安田生命グループ 定年65歳に延長

    明治安田生命保険は国内のグループ12社で、従業員の定年を現状の60歳から65歳に引き上げる。 ​す…
  4. 2017-5-8

    日経ウーマン「女性が活躍する会社」第一生命初の首位

    日本経済新聞社グループ「日経ウーマノミクス・プロジェクト」と働く女性向け月刊誌「日経ウーマン」は「企…
  5. 2017-6-15

    SOMPOHD コンテストで介護事業発掘

    SOMPOホールディングス(HD)と傘下のSOMPOケア(東京都品川区)は、介護系ベンチャー企業の発…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る