”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に投入するなど商品ラインアップを拡充し、減少が続く保険の保有契約高を「2-3年以内に反転させる」方針を示した。

同社は国営時代の契約が相次いで満期を迎え、契約減少が続く。

保障性商品の販売拡充やトンチン型保険など新商品に投入により、金額ベースで早期反転を目指す。

件数ベースはもう少し時間がかかる見通し。

トンチン型は”長生きするほど得をする”新タイプの保険。

保険料が一括払いで中途解約できず、満期に生存している人だけが元本や運用益を受け取れる仕組み。

国内では日本生命保険と第一生命保険が販売しており、かんぽ生命が発売すると3社目となる。


(日刊工業新聞  2017/08/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-31

    生保、外債運用に活路、前期、第一生命など13グループ増益

    国内の主な生命保険会社16グループの2018年3月期決算が25日、出そろった。 マイナス金利政策に…
  2. 2018-5-31

    外貨建て競争加熱

    米国の長期金利上昇を受けて、外貨建て金融商品の発売が相次いでいる。 日銀の金融緩和で国内は超低金利…
  3. 2018-4-23

    生保協会会長に稲垣氏

    ​生命保険協会は20日の理事会で、橋本雅博会長(住友生命保険社長)の後任に第一生命保険の稲垣精二社長…
  4. 2018-6-29

    「節税保険」実態解明へ 

    ​生命保険各社が「節税」をアピールして中小企業経営者に売り込む保険について、金融庁が商品の設計などを…
  5. 2017-8-10

    「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

    ​第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。 被保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る