”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に投入するなど商品ラインアップを拡充し、減少が続く保険の保有契約高を「2-3年以内に反転させる」方針を示した。

同社は国営時代の契約が相次いで満期を迎え、契約減少が続く。

保障性商品の販売拡充やトンチン型保険など新商品に投入により、金額ベースで早期反転を目指す。

件数ベースはもう少し時間がかかる見通し。

トンチン型は”長生きするほど得をする”新タイプの保険。

保険料が一括払いで中途解約できず、満期に生存している人だけが元本や運用益を受け取れる仕組み。

国内では日本生命保険と第一生命保険が販売しており、かんぽ生命が発売すると3社目となる。


(日刊工業新聞  2017/08/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-8

    保険証券で保険を見直す

    保険の見直しは、現在加入している保険の契約内容の把握するために、保険証券のチェックが必須です。 保…
  2. 2017-3-23

    マイルで健康増進応援

    ​日本生命保険は22日、保険契約者向けに提供しているマイルサービスを4月に拡充すると発表した。 …
  3. 2018-11-12

    外貨保険、中途解約リスク

    ​退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建て保険を契約する人が増えている。 米ドル、豪ドルといっ…
  4. 2017-7-27

    アフラック 日本法人化でガバナンス向上

    ​トップは語る  アフラック社長 古出 真敏さん(57) 東大卒。米コーネル大ロースクール卒。19…
  5. 2018-2-26

    明治安田、300万人に増配、死亡率低下分還元、他の生保追随も

    明治安田生命保険は2017年度分の個人保険の契約者配当を増やす方針を固めた。 総額約70億円と11…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る