住生、貸与端末の使用料を無償化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険が営業職員約3万人から毎月徴収しているタブレット端末の使用料を7月から無償化することが29日、分かった。

大手生命保険では初めての取り組みという。

保険商品の説明や契約に関する手続きに欠かせない商売道具を無料で使えるようにし、事実上の賃上げで現場に奮起を促す狙いだ。

スポンサーリンク

​新しいタブレット端末への入れ替えに併せて使用料徴収を止める。

生保の営業職員は個人事業主として会社の端末を使わせてもらっているため、使用料を自己負担するのが一般的だ。

住友生命の場合、現在の端末使用料は月3,000円、新たに導入する端末は機能向上に伴い月4,500円に跳ね上がる計算。

今後はこれを会社が負担する。

記事(一部抜粋)

現端末でできる手続きは契約者の住所変更など一部にとどまる。



新端末導入後は、早ければ来年1月に新契約手続きも端末上で完結できるようになる。

将来は、保険金の請求手続きもできるようにする構想だ。

生保の販路は多様化が進んできたものの、大手生保にとっては今も営業職員が稼ぎの基盤だ。

人手不足が深刻化する中、優秀な人材を確保するには待遇改善が欠かせない。

住友生命は使用料無償化による実質賃上げだけでなく、端末機能の改善で、営業職員が顧客の自宅や職場と営業拠点を行き来する手間をなくすことも狙っている。

営業職員用の端末の入れ替えは、今年実施する大規模なシステム投資の一環。

事務職員の業務には、インターネット上で情報を共有するクラウドサービスを導入する。

ネットの利用環境があれば、いつでもどこでも仕事ができるようになる。

同社は約1万人いる事務職員を対象に、在宅勤務制度を7月に導入することも計画している。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/03/30)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-1

    なるほどマネー 退職金運用の前に 長寿に有利「トンチン年金」

    ​老後のリスクについてのポイント ・長生きは、必要なお金が多いという面ではリスクも ・個人年…
  2. 2018-4-27

    日生、子ども向け保険を三井生命に供給

    ​​日本生命保険と三井生命保険は25日、日本生命の子どもの教育資金などに備える商品「ニッセイ学資保険…
  3. 2017-2-24

    ①申込手続き&ポリシーレビューの目的

    4.申込手続きとポリシーレビューの流れとポイント  ①申込手続き&ポリシーレビューの目的 ポリシー…
  4. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…
  5. 2017-2-22

    5.相続方法の選択と遺産分割準備資金

    相続方法の選択① ■ 3つの相続方法 単純承認 相続放棄 限定承認 相続方法の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る