日生、高齢者の所在確認へ「クロネコ」活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は14日、連絡が取れない高齢の契約者の所在・状況を確認する取り組みを10月から強化すると発表した。

​ヤマト運輸の宅配サービスを活用して確認、本人不在の場合は市役所といった公共機関を通じて状況を把握し、保険金の確実な支払などにつなげる。

対象は、70歳以上の個人契約者のうち営業職員が約5年間(90歳以上は1年間)、直接連絡を取ることができていない約500人。

(産経新聞  2017/09/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-4

    <2017TOP語録入社式>日本生命保険・筒井義信社長 前向きな気概で

    <2017TOP語録入社式>日本生命保険・筒井義信社長 前向きな気概で ​​マイナス金利政策による…
  2. 2018-1-26

    日生、首位死守へ攻め

    金融界で異例のトップ人事が相次いできた。 日本生命保険は25日、保険数理人(アクチュアリー)の有資…
  3. 2018-1-16

    かんぽ、「ベテラン」AIが助っ人

    働く人が減り、人手不足が深刻になる日本。 労働生産性を高めなければ、企業の成長はおぼつかない。 …
  4. 2017-2-24

    コンサルティングセールス 目次

    コンサルティングセールス  目次 Ⅰ.一般的なコンサルティングセールスの基本形 1.ファーストア…
  5. 2017-2-21

    6.フット・イン・ザ・ドア・テクニックは生命保険販売においても有効か

    もともと生命保険商品は高額商品です。 一般的な商品の場合、最初から値段が高いと、なかなか最初の一歩…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る