日生、高齢者の所在確認へ「クロネコ」活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は14日、連絡が取れない高齢の契約者の所在・状況を確認する取り組みを10月から強化すると発表した。

​ヤマト運輸の宅配サービスを活用して確認、本人不在の場合は市役所といった公共機関を通じて状況を把握し、保険金の確実な支払などにつなげる。

対象は、70歳以上の個人契約者のうち営業職員が約5年間(90歳以上は1年間)、直接連絡を取ることができていない約500人。

(産経新聞  2017/09/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-29

    シンガポールで保険販売(ソニー生命 共同出資でショップ)

    ソニー生命は2018年夏にも、シンガポールで様々な保険会社の商品を販売する保険ショップ事業を始める。…
  2. 2017-9-19

    生保協会長、各社のノウハウ共有

    生命保険協会の橋本雅博会長は15日の定例会見で、「長期にわたり顧客の生活を支えるのが保険会社の使命」…
  3. 2017-11-22

    不妊治療サポート保険 日生、販売5000件

    ​日本生命が2016年に発売した国内初の不妊治療保険「シュシュ」が堅調な売れ行きを見せている。 若…
  4. 2018-4-26

    明治安田、議決権行使結果を全面開示へ

    明治安田生命保険は2018年度から株主総会で投じた個別議案に対する賛否の結果について、全面的に開示す…
  5. 2018-7-17

    石炭火力に投融資 日生、取りやめへ

    日本生命保険が二酸化炭素(CO2)排出量が多い石炭火力関連事業への新規の投融資を取りやめる方針を固め…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る