日生、高齢者の所在確認へ「クロネコ」活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は14日、連絡が取れない高齢の契約者の所在・状況を確認する取り組みを10月から強化すると発表した。

​ヤマト運輸の宅配サービスを活用して確認、本人不在の場合は市役所といった公共機関を通じて状況を把握し、保険金の確実な支払などにつなげる。

対象は、70歳以上の個人契約者のうち営業職員が約5年間(90歳以上は1年間)、直接連絡を取ることができていない約500人。

(産経新聞  2017/09/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-8-16

    収入保障保険5万件、ひまわり生命発売4月から

    「リンククロス じぶんと家族のお守り」の販売件数 損保ジャパン日本興和ひまわり生命保険は主力の収入…
  2. 2017-3-2

    1.ニーズコンサルティングの全体像

    ニーズコンサルティングは、生命保険販売に当ってのセールス手法では、最も新しい営業システムであり最高峰…
  3. 2018-5-31

    日本生命 「保険ショップ」強化 7月にも準備会社設立

    日本生命保険は24日、保険ショップなどの代理店経由で販売する商品に特化した新たな保険子会社を設立する…
  4. 2018-1-16

    かんぽ、「ベテラン」AIが助っ人

    働く人が減り、人手不足が深刻になる日本。 労働生産性を高めなければ、企業の成長はおぼつかない。 …
  5. 2018-1-10

    プルデンシャル生命、女性の営業員2割に引き上げ

    ​プルデンシャル生命保険は営業を手掛ける「ライフプランナー」で女性の割合を高める。 現在は1割に満…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る