日生、高齢者の所在確認へ「クロネコ」活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は14日、連絡が取れない高齢の契約者の所在・状況を確認する取り組みを10月から強化すると発表した。

​ヤマト運輸の宅配サービスを活用して確認、本人不在の場合は市役所といった公共機関を通じて状況を把握し、保険金の確実な支払などにつなげる。

対象は、70歳以上の個人契約者のうち営業職員が約5年間(90歳以上は1年間)、直接連絡を取ることができていない約500人。

(産経新聞  2017/09/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-21

    2.ダンドリと目標設定

    人は本当に望むことを実現したいときは、具体的に行動を考え、検討し、入念な準備をします。 この準備の…
  2. 2017-3-6

    2.生命保険の活用例

    1.相続発生直後の資金について 被相続人が葬儀費用やお墓にかかる費用を生前から準備していても、それ…
  3. 2017-5-22

    損保3G、当期最高益

    大手損害保険グループ3社は、2018年3月期に6期連続となる当期利益の過去最高更新を目指す。​ 株…
  4. 2017-9-19

    ソニー生命 「生前給付逓減定期保険(生活保障型/無配当)」に反響、「生前給付」品ぞろえ拡充

    ​ソニー生命が4月に発売した「生前給付逓減定期保険(生活保障型/無配当)」の契約がすでに7000件超…
  5. 2018-4-16

    65歳以上3500万人突破

    総務省は13日、2017年10月1日現在の推計人口を公表した。 在日外国人を含む総人口は前年比22…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る