FWD富士生命、長崎県と立地協定 拠点増設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎県とFWD富士生命保険は立地協定を結んだ。

同社は2019年1月をめどに長崎市内のオフィスを移転・増設する。

職場環境の向上などが目的。顧客や代理店からの各種照会や相談に応じる。移転後3年で現在の90人体制から170人体制を目指す。

移転先は17年に完成したオフィスビル「クレインハーバー長崎ビル」。

複数の通信回線や非常用発電機などBCP(事業継続計画)に対応した機能を持ち、長崎県が金融機関などの誘致を進めている。同ビルへの入居はチューリッヒ保険に続き2社目となる。

FWD富士生命は14年に長崎オフィスを開設。コールセンターの国内拠点は大阪と長崎の2拠点。

県や市の支援を通じて採用活動をスムーズに展開できたことが増設につながった。

(日刊工業新聞 2018/07/11)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-28

    2100人分業務 5年で削減

    第一生命ホールディングス(HD)は2023年までに2100人分の業務を削減する方針だ。 業務を自動…
  2. 2018-8-30

    女性向けがん保険 ひまわり生命今日発売

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、女性向けのがん保険「リンククロス ピンク」を29日に発売する…
  3. 2018-10-12

    認知症早期発見プログラム開発 日生系、介護施設向け

    ​日本生命保険はグループ会社を通じて、認知症の発症を遅らせたり、早期発見したりする専用プログラムを開…
  4. 2017-3-1

    保険料1割値上げも

    かんぽ生命は28日、全ての保険商品の保険料を4月から見直すと発表した。 貯蓄性の高い終身保険は、1…
  5. 2017-3-24

    ロボの不調 保険で安心

    東京海上日動火災保険は、介護ロボットや人の話し相手などをするコミュニケーションロボットを対象にした「…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る