FWD富士生命、長崎県と立地協定 拠点増設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎県とFWD富士生命保険は立地協定を結んだ。

同社は2019年1月をめどに長崎市内のオフィスを移転・増設する。

職場環境の向上などが目的。顧客や代理店からの各種照会や相談に応じる。移転後3年で現在の90人体制から170人体制を目指す。

移転先は17年に完成したオフィスビル「クレインハーバー長崎ビル」。

複数の通信回線や非常用発電機などBCP(事業継続計画)に対応した機能を持ち、長崎県が金融機関などの誘致を進めている。同ビルへの入居はチューリッヒ保険に続き2社目となる。

FWD富士生命は14年に長崎オフィスを開設。コールセンターの国内拠点は大阪と長崎の2拠点。

県や市の支援を通じて採用活動をスムーズに展開できたことが増設につながった。

(日刊工業新聞 2018/07/11)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-27

    日生、割安保険の新会社 19年春にも「ショップ向け」開発

    日本生命は、複数の保険商品を販売する保険ショップ向けに特化して、割安の医療保険などを開発する新会社を…
  2. 2017-6-21

    外貨建て保険に太陽生命が参入

    T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は7月から、外貨建ての個人年金保険の取り扱いを始める。 …
  3. 2018-6-28

    防げ糖尿病重症化 日本生命、健康管理サービス試行

    日本生命保険は日本生命病院で、糖尿病の重症化を防ぐ健康管理サービスの試行を始めた。 同社の社員30…
  4. 2018-1-30

    日生 営業職員成果給引き上げへ 5年連続、処遇改善で人員確保

    日本生命が2018年度から、営業職員の成果給引き上げを検討していることが29日分かった。 ​今月中…
  5. 2018-3-2

    住生が代理店販売倍増

    住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大する。 子会…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る