日本郵政社長長門正貢さん 良いM&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「M&A」は目的にはしていない。

大事なことは日本郵政という企業のパフォーマンスを上げることだ」と話すのは、日本郵政社長の長門正貢さん。

ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の株式売却は当面5割くらいまでと考えているが、いずれも売り切ることになる。

そうすると連結ベースの収益が消える」と焦りをみせる。

「子会社として残る日本郵便を筋肉質にするのが第一の経営アクション。その上で、郵政グループのパフォーマンスを上げる良いM&Aがあるなら否定はしない」と力説。​

(日刊工業新聞 2017/07/11)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-14

    外貨建てシフト続く

    地域金融機関の2017年度下期の「生保窓販実績<終身保険>」(回答ベース)がまとまった。 販売件数…
  2. 2017-2-22

    1.相続および相続税法改正の背景

    税制改正の背景① ■ 相続税および贈与税の税制改正(平成27年1月1日施行) 平成27年1月…
  3. 2017-6-20

    生損保、社外連携活発に

    保険会社が社外と連携して革新的なビジネス創出を目指す「オープンイノベーション」の取り組みを活発化させ…
  4. 2017-3-9

    保険の銀行窓販4割減(一時払系商品売止などにより)

    ​保険商品の銀行窓販が急減 2016年度の販売額は前年度比で4割減り、09年度以来の低水準になる見…
  5. 2017-3-3

    2.老後生活資金の準備について

    人生のリスク、保険設計をするうえで考えなければならない2つのリスクがあります。 まず1つ目は、早期…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る