日本郵政社長長門正貢さん 良いM&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「M&A」は目的にはしていない。

大事なことは日本郵政という企業のパフォーマンスを上げることだ」と話すのは、日本郵政社長の長門正貢さん。

ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の株式売却は当面5割くらいまでと考えているが、いずれも売り切ることになる。

そうすると連結ベースの収益が消える」と焦りをみせる。

「子会社として残る日本郵便を筋肉質にするのが第一の経営アクション。その上で、郵政グループのパフォーマンスを上げる良いM&Aがあるなら否定はしない」と力説。​

(日刊工業新聞 2017/07/11)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-30

    生保、下期運用方針固まる オープン外債投資加速、国債の買い入れ再開も

    生命保険会社は、為替リスクをヘッジしないオープン外国債券への投資を拡大する。 米国の利上げで為替ヘ…
  2. 2017-2-21

    1.「何のために?」を答えられるか

    「あなたは何のために生命保険営業の仕事をしているのですか?」 私がこう問いかけます。 あなた…
  3. 2017-2-28

    2.ライフプランを支えるマネープランに重要な役割を果たす

    人生を豊かで充実したものにするためには、ライフプラン(人生設計)とマネープラン(資金計画)が欠かせま…
  4. 2017-3-10

    人と自分は違う

    人と自分は違う かつて単独営業マンだったころ、上司に、営業の1から10まできめ細かく教えられたこと…
  5. 2018-4-16

    65歳以上3500万人突破

    総務省は13日、2017年10月1日現在の推計人口を公表した。 在日外国人を含む総人口は前年比22…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る