生保、国内外でM&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新中計 成長基盤を構築

​大手生命保険2社の新たな中期経営計画が2017年度から始まる。日銀のマイナス金利政策により、生保を取り巻く事業環境は想定以上に厳しさを増している。資産運用の高度化、国内外でM&Aを戦略的に展開し、成長基盤を構築する。

スポンサーリンク



日本生命保険は17年度までの現中計の目標を1年前倒しで達成できたため、計画を練り直し、新たに20年度までの4年間の中計を策定した。グループ事業の純利益を16年度見込みと比べて倍以上の700億円に設定。達成のためにM&Aに約5000億円を投じる。

明治安田生命保険も19年度まで3年間の中計を策定。国内外の社債投資などに約1兆6000億円を充てる。国債と比べ、相対的に利回りが高い社債への投資配分を増やし、安定した運用益を確保する狙いだ。

(日刊工業新聞 2017/03/20)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    5.事業承継期

    企業の事業承継について現状をみると、社長の平均年齢は58.9歳と年々上昇し、60歳に近づいてきていま…
  2. 2017-7-28

    楽天生命技術ラボ 先端AIの生保応用に特化

    ​楽天生命は7月1日、「楽天生命技術ラボ」を設立した。 ​同ラボは「インシュアテック」の研究に特化…
  3. 2017-7-5

    大手生保3社、海外や健康事業など強化

    ​日本生命保険、住友生命保険、明治安田生命保険の大手生保3社は4日、株主総会に当たる相互会社の総代会…
  4. 2017-6-21

    日生、外貨建て保険の扱い10月開始

    日本生命保険は20日、10月から営業職員が外貨建て保険の取り扱いを始めると発表した。 比較的高い利…
  5. 2017-7-27

    アフラック 日本法人化でガバナンス向上

    ​トップは語る  アフラック社長 古出 真敏さん(57) 東大卒。米コーネル大ロースクール卒。19…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る