生保、国内外でM&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新中計 成長基盤を構築

​大手生命保険2社の新たな中期経営計画が2017年度から始まる。日銀のマイナス金利政策により、生保を取り巻く事業環境は想定以上に厳しさを増している。資産運用の高度化、国内外でM&Aを戦略的に展開し、成長基盤を構築する。

スポンサーリンク



日本生命保険は17年度までの現中計の目標を1年前倒しで達成できたため、計画を練り直し、新たに20年度までの4年間の中計を策定した。グループ事業の純利益を16年度見込みと比べて倍以上の700億円に設定。達成のためにM&Aに約5000億円を投じる。

明治安田生命保険も19年度まで3年間の中計を策定。国内外の社債投資などに約1兆6000億円を充てる。国債と比べ、相対的に利回りが高い社債への投資配分を増やし、安定した運用益を確保する狙いだ。

(日刊工業新聞 2017/03/20)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-12

    国立がん研 3年後がん生存率を初公表 全体で71%

    国立がん研究センターは11日、2011年にがんと診断された人の3年後の生存率を初めて公表した。 こ…
  2. 2017-5-12

    日生、母の日アンケート プレゼント「贈る」76%

    日本生命保険が実施した「母の日」に関するインターネットアンケートによると、「プレゼントを贈る」との回…
  3. 2017-3-14

    安全運転で保険料割引

    あいおいニッセイ カーナビで評価 ​あいおいニッセイ同和損害保険が、車載機器で運転時の動きを日常的…
  4. 2017-11-29

    悠真・悠人・陽翔 男子の名前1位 今年誕生の子ども 明治安田生命調べ

    ​明治安田生命は28日、2017年に生まれた子供の名前調査を発表。 男子は悠真、悠人、陽翔の三つが…
  5. 2017-11-27

    生保7社 18%増益(円安・株高で配当収入増)

    主な生命保険会社の2017年4~9月期決算が24日出そろった。 主要7グループの本業のもうけを示す…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る