インドネシアの中堅生保 日生が販路拡大支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険が、20%を出資するインドネシアの中堅生保セクイスライフに三井物産子会社を紹介し、現地の中間層向けの新商品の全国販売を支援することを検討していることが1日、分かった。

本生命保険は出資先の販路拡大を後押しすることで、平成32年までにグループ事業の最終利益を700億円に拡大する計画の達成を目指す。​

スポンサーリンク


​三井物産系の消費者金融BAFが提供するバイク購入者向けローン商品に死亡・医療保険を付ける。

BAFのローン新規契約者は年間約20万人でセクイスにとっては毎年、現在の保有契約者数と同規模の消費者と接点を持てるようになる。

セクイスは同商品の展開を視野に11月から、インドネシア国内の4カ所で先行販売を始めた。

5年以内に、国内生保のトップ5入りを目指す。

インドネシアの人口は世界第4位を誇るが、生保普及率は1.4%にとどまる。

同国の生保には、第一生命ホールディングスも出資しているが、いずれも中間層の取り込みが課題となっている。

日本生命はセクイスでの仕掛けを足がかりに、タイやインドの出資先でも同様の戦略を展開していく方針だ。

(産経新聞 2017/12/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-2

    第一生命 企業年金の事務代行

    第一生命保険は企業年金(確定給付年金)の運営に関し、企業側の事務作業を有償で請け負うサービスを始めた…
  2. 2017-10-31

    生保、代理店への上乗せ報酬自粛へ

    ​生命保険業界が、複数の保険を扱う「乗り合い代理店」に対して通常の手数料とは別に支払う上乗せ報酬を自…
  3. 2018-2-22

    富国生命、大卒総合職初任給5,000円上げ

    富国生命保険が今年4月から大卒の総合職の初任給を5,000円増やし、21万円に引き上げることが21日…
  4. 2018-4-3

    認知症予防アプリ刷新 太陽生命

    ​T&Dホールディングスの太陽生命保険は、認知症予防に使える契約者向けスマートフォンアプリを刷新した…
  5. 2017-5-25

    がんにならない!ための予防法 6項目

    日本ではおよそ「2人に1人」ががんになると言われ「3人に1人」ががんで亡くなっています。 (がんの…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る