インドネシアの中堅生保 日生が販路拡大支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険が、20%を出資するインドネシアの中堅生保セクイスライフに三井物産子会社を紹介し、現地の中間層向けの新商品の全国販売を支援することを検討していることが1日、分かった。

本生命保険は出資先の販路拡大を後押しすることで、平成32年までにグループ事業の最終利益を700億円に拡大する計画の達成を目指す。​

スポンサーリンク


​三井物産系の消費者金融BAFが提供するバイク購入者向けローン商品に死亡・医療保険を付ける。

BAFのローン新規契約者は年間約20万人でセクイスにとっては毎年、現在の保有契約者数と同規模の消費者と接点を持てるようになる。

セクイスは同商品の展開を視野に11月から、インドネシア国内の4カ所で先行販売を始めた。

5年以内に、国内生保のトップ5入りを目指す。

インドネシアの人口は世界第4位を誇るが、生保普及率は1.4%にとどまる。

同国の生保には、第一生命ホールディングスも出資しているが、いずれも中間層の取り込みが課題となっている。

日本生命はセクイスでの仕掛けを足がかりに、タイやインドの出資先でも同様の戦略を展開していく方針だ。

(産経新聞 2017/12/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-20

    「グループ利益、3000億円に」、第一生命HD社長、東南アなど潜在市場を開拓。

    ​第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長は日本経済新聞の取材に応じ、2023年度をめどにグル…
  2. 2018-8-21

    東京海上、中小企業社員向け保険

    ​東京海上日動火災保険と人材サービスのネオキャリア(東京・新宿)は、中小企業の従業員向けの保険商品や…
  3. 2017-3-3

    ⑤入院時のその他の費用

    入院時食事療養費 入院時の食事は現物給付されますが、一部分の金額は自己負担となります。1食360円…
  4. 2017-2-21

    1.生命保険営業で心理学を学ぶことが効果的な理由

    生命保険営業では、常にお客さまを相手にします。 1対1の関係でお話を進めていくわけです。相手がご夫…
  5. 2018-7-10

    18年度の生保運用、苦境続く

    2017年度の生命保険大手5社の一般勘定(団体年金区分)の運用利回りは、単純平均で1.93%と16年…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る