大同生命、診断書取得の代行サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大同生命保険は保険金や給付金の請求に必要な診断書の代行取得サービスを7月から始めた。

同社の保険利用者に無償で提供する。

高齢化の進行などで、診断書取得が困難な顧客が増えていることに対応する。

就業不能保険や医療保険などの保険金や給付金の請求に活用できる。

顧客からの依頼を受け、同社が医療機関に診断書の発行を依頼する。

サービスを利用できるのは「要介護」や「身体障がい」の認定を受けた人、加齢や病気、ケガなどで歩行が困難な人。

診断書の発行費用は自己負担となる。

同じT&Dホールディングス傘下の太陽生命保険も同様のサービスを展開する。

(日刊工業新聞 2018/07/31)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-25

    データ共有で病気予防(アクサ生命 KDDIとサービス)

    保険世界最大手の仏アクサグループの日本法人、アクサ生命保険はKDDIと業務提携し、両社の顧客データや…
  2. 2017-2-21

    7.活動は習慣化が大切

    活動は習慣化が大切。そうは言っても、自分で決めたことでも、なかなか活動が習慣化できないんだよという人…
  3. 2017-2-22

    3.法人のニーズ

    まずは、法人のニーズをしっかり把握しないといけません。 そうしないと何のための生命保険に加入するの…
  4. 2017-7-28

    診断確定で認知症一時金が強み

    これまでの顧客層は30代、40代、50代のファミリー層がかなり多いが、今後,超高齢社会がさらに進んで…
  5. 2017-3-2

    ④お金をまもる

    65歳までに3,000万円を目指して、皆さんが月々4万4000円ずつ、30歳からコツコツコツコツ運用…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る