キャノンMJ、診断書の情報、自動読み込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​​

キャノンマーケティングジャパン

キャノンマーケティングジャパンは8日、朝日生命に様々な病院が作る形式がバラバラの診断書から必要な項目を自動で抜き出せるシステムを納入したと発表した。

スポンサーリンク


​これまで生命保険会社が作った契約書などは特定の場所の文字を自動認識させることで自動読み込みが可能だが、決まった形式のない診断書などは手作業で入力していた。

朝日生命では診断書による査定時間を短縮し保険契約成立までにかかる時間を2割削減した。

(日経産業新聞 2017/03/09)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-16

    将来日本の推計人口は?

    日本の総人口は減少を続け今から36年後の2053年には1億人を切り9,924万人水準まで減少します。…
  2. 2018-5-18

    日生が保険ショップ向け商品 新会社、伊藤忠出資も

    日本生命保険は、若い世代や家族連れの顧客が多い保険ショップ(販売代理店)向けの保険開発を始める。 …
  3. 2017-6-9

    メットライフ生命保険CEOサシン・N・シャーさん 成長加速

    「2016年度業績に満足している」と笑みを浮かべるのは、メットライフ生命保険CEOのサシン・N・シャ…
  4. 2017-9-21

    明治安田生命保険アンケート 3人目「望まない」

    子育てに関するアンケートを実施し、子育て世帯の9割が3人目の出産を「望まない」か「躊躇」しているとの…
  5. 2017-9-26

    2017 新トップに聞く Q「第3分野」競争どう対応 アフラック古出真敏 収入保障保険 柱の一つに

    ​​市場のニーズをくみ取り、差別化した商品を出せるかどうかが競争を勝ち抜くために重要だ。 収入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る