展望日本経済2018 医療・介護分野に期待 東京海上HD社長 永野毅氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損保と生保の中間的な医療や介護分野は大きく伸びていく可能性がある。

​ーーどのようなサービスや分野に期待していますか。

損保と生保の中間的な医療や介護分野は大きく伸びていく可能性がある。

昨年8月に腕時計型端末とスマートフォンが連動し、あるけばあるくほど保険料を割り引く「あるく保険」を出した。

加入者は健康になるし、個人のデータが取れることで、病気の予防につなげることもできる。

(毎日新聞 2018/01/18)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-2

    柔軟な発想で将来見通し(日本生命役員インタビュー)

    生命保険会社は、顧客に約束した保障責任を全うすることが最大の使命だ。 今年3月、日本生命の執行役員…
  2. 2017-3-27

    金融サービス指標 金融庁方針 顧客本意の業務点検

    金融機関に導入を求めるのは、組織や業務の目標の達成度合いを測る「重要業績指標」 金融庁は24日、投…
  3. 2018-7-2

    保険金請求漏れ防げ防げ

    ​生命保険各社が高齢者の保険金の請求漏れを減らす取り組みを強化している。 高齢化が一段と進む中、契…
  4. 2017-9-28

    第一生命 回数制限なく休業 介護離職防止策を拡充

    介護に直面する社員の退職を防ぐため、企業が多様な働き方を念頭に置いた支援制度を整え始めた。 ​第一…
  5. 2018-8-3

    日生、「税務基本方針」策定 大手生保で初

    日本生命保険は31日、「税務基本方針」を策定したと発表した。 国内市場の低金利で海外取引が増える中…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る