展望日本経済2018 医療・介護分野に期待 東京海上HD社長 永野毅氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損保と生保の中間的な医療や介護分野は大きく伸びていく可能性がある。

​ーーどのようなサービスや分野に期待していますか。

損保と生保の中間的な医療や介護分野は大きく伸びていく可能性がある。

昨年8月に腕時計型端末とスマートフォンが連動し、あるけばあるくほど保険料を割り引く「あるく保険」を出した。

加入者は健康になるし、個人のデータが取れることで、病気の予防につなげることもできる。

(毎日新聞 2018/01/18)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-17

    元本保証の外貨建て保険 三井住友銀・住友生命

    ​三井住友銀行と住友生命保険は、外貨建ての元本が保証される一時払い個人年金保険を共同開発した。 運…
  2. 2017-2-24

    ②アプローチブック

    ファーストアプローチで使うツールとしてアプローチブックがあります。 生命保険各社が用意しているもの…
  3. 2017-5-9

    日生 AIによる投融資判断を検討

    日本生命保険は8日、ツイッターの書き込みなどを人工知能(AI)で解析し、特定の企業の株価急変を予測す…
  4. 2018-5-7

    健康診断の提出で2割引きも。大手参入で「健康増進保険」は広がるか

    定期的な運動など健康を増進させる活動にインセンティブを与える新型の生命保険が、2018年度に本格普及…
  5. 2018-12-4

    リケジョneo(39)明治安田生命保険・加藤由起(かとう・ゆき)さん

    「リスク分析」やりがい  明治安田生命保険でアクチュアリー(保険数理人)として働く加藤由起さん(3…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る