ミャンマー保険市場、官民で支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済の高成長が期待されるミャンマーで保険市場を育てていくため、日本の官民が大がかりな協力に乗り出す。

日本で定着した保険業界のルールや手法の導入を助ける「支援計画」をつくり、ミャンマーに届けた。

人口5000万人を超えるミャンマーは自動車の普及で保険の商機が膨らみつつある。市場づくりから手を貸し、将来の強い結びつきにつなげる。

金融庁担当の越智隆雄内閣府副大臣が7日、来日中のマウン・マウン・ウィン計画・財務副大臣に支援計画を手渡した。

同副大臣は日本経済新聞に「制度や市場づくりは一夜にしてならず、長期の努力が求められる。日本の協力を得て成し遂げたい」と語った。

支援計画は保険会社の支払い余力を保つ規制の確立のほか、自動車保険や養老保険といった商品づくりのノウハウ提供などを盛り込んだ。

ミャンマーは1996年に制定した保険業法の改正を目指しており、日本が協力する。

金融庁はミャンマー政府に職員を派遣して人材面からも金融インフラづくりを支援している。

2018年秋に民間保険会社からも人材を送る予定だ。

(日本経済新聞 2018/06/08)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-8-3

    介護・医療 利用者負担こう変わる 高額療養費制度 見直し

    医療費の自己負担に上限を設ける高額療養費制度。 医療の高度化で、年齢を重ねるほど1人当たりの医療費…
  2. 2017-2-27

    2.人は得られる物よりも失う恐怖の方が大きい

    生命保険は万が一のリスクを保障でカバーします。 損失を回避するためにこれ以上の商品はありません。3…
  3. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…
  4. 2018-1-15

    貯蓄型保険販売 外貨建てを軸に(明治安田生命)

    明治安田生命保険は、今後の貯蓄型保険の販売の主力を「外貨建て」に移す方針だ。 円建ての貯蓄型保険は…
  5. 2018-7-25

    生損保大手、NGOの低評価に困惑

    国内の生命保険・損害保険大手8社(グループ)の投融資方針の「社会性」についての格付け 環境問題など…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る