第27回読者が選ぶネーミング大賞に日本生命保険の「グランエイジ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生100年生き生きと

グランは「雄大・壮大」を表す「グランド」のフランス語読み、エイジは「年齢・時代」を意味する。

グランエイジは両者を掛け合わせた造語で、名称に込めたのは「人生100年時代でも安心して自分らしく過ごしてほしい」(田中聡取締役執行役員)という思いだ。

スポンサーリンク


グランエイジは契約者がなくなるまで年金を支給する。

年金受け取り前に死去した場合、払い込んだ保険料の約70%しか戻ってこないが、その分長生きのための年金の原資のあてる。

「貯蓄性保険=元本保証」のイメージが根強い日本で本当に受け入れられるのか。

発売当初は不安視する声もあったが、足元で契約は3万件を超え、想定以上のペースで推移している。​

<受賞企業の声>

日本生命保険取締役執行役員 田中聡氏

グランエイジの対象年齢は50-87歳のお客さま。

高齢でも周りを見ても元気で生き生きと過ごしている方はまだまだ多い。

こうした生き生きとしたイメージを想起させるキャッチフレーズはないか、これがネーミングのコンセプトだ。

グランエイジは50代の女性を中心に好評で、契約は想定以上のペースで推移している。

今後も業界のリーディングカンパニーとして長生き社会を支える商品・サービスを開発していきたい。

(日刊工業新聞 2017/03/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-22

    3.相続をめぐる現状と必要となる対応

    相続をめぐる現状① ■ 遺産分割事件の新受件数推移 相続には相続税だけでなく、「遺産分割」と…
  2. 2018-7-12

    体重減らして保険料安く

    人生はいつも順風満帆とは限らない。 思わぬ病気やけがで入院したり、介護を受けるようになったり。ライ…
  3. 2018-3-5

    日生、米系生保の買収発表、「経営基盤強固に」

    日本生命保険は2日、中堅のマスミューチュアル生命保険を買収すると正式に発表した。 マスミューチュア…
  4. 2018-5-18

    日生が保険ショップ向け商品 新会社、伊藤忠出資も

    日本生命保険は、若い世代や家族連れの顧客が多い保険ショップ(販売代理店)向けの保険開発を始める。 …
  5. 2017-6-28

    第一生命グループ 外貨建て新商品 8月に投入

    第一生命グループが外貨建ての一時払い終身保険の新商品を8月に投入することが27日、分かった。 日銀…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る