生保、国債買い抑制も、今年度末、資産積み増す必要性後退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例年、年度末に膨らむ傾向のある生命保険会社による国債買いが、今年は控えめな増え方になる可能性が出てきた。

保険商品の販売や利払いに見合った運用が相応に進んでいるとみられ、年度内に急いで国債を積み増す必要性が後退している。

生保が債券に投資する場合、主に20年物や30年物などの超長期国債で運用する。

スポンサーリンク


超長期債の利回りはこのところ上昇基調(債券価格は下落)にあるが、目先は一段と上がりやすくなりそうだ。

超長期国債の利回りが上昇基調にあり、それが生保の投資を喚起するとの見方もある。

20日時点で20年債利回りは年0・705%、30年債利回りは0・915%だ。だが日本生命保険の筒井義信社長は「少なくても1%程度でなければ投資対象にならない」と話しており、この程度の金利水準では大幅な投資増につながる可能性は低い。
国債積み増しを急ぐ必要がない理由は負債面にもある。

日銀が16年1月にマイナス金利政策の導入を決めて、運用益の確保が難しくなったことを受け、各社は円建ての一時払い終身保険など貯蓄性保険商品の販売を一部で取りやめた。

保険の販売額や利払い額が抑制されているのならば、年度内に無理に国債残高を積み上げる必要はなくなる」(東海東京証券の佐野一彦氏)

(日本経済新聞 2017/02/21)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-6

    ひまわり生命と提携(マネーフォワード 将来資産を予測)

    家計簿アプリなどを手掛けるマネーフォワードは、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命と提携する。 ​マネ…
  2. 2018-5-18

    生活習慣病リスク予測 健診データAIが分析

    NTTとNTTデータは16日、糖尿病など生活習慣病の発症リスクを人工知能で予測するシステムを開発した…
  3. 2018-2-19

    生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

    大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。 東…
  4. 2017-5-23

    悲哀と自虐 句に重ね30年

    ​「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」 第一生命保険は22日、「第30回サラリーマ…
  5. 2017-4-12

    仏パリバ系に出資(三井住友信託)

    三井住友信託銀行は2018年度中に設立される仏保険大手BNPパリバ・カーディフの日本法人に、20%出…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る