日生、新規ビジネス創出 スタートアップから協業案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は23日、同社の経営資源を活用し、スタートアップ企業と新規事業の創出を目指すと発表した。

スタートアップ企業と投資家のマッチングなどを支援するCrewwと共同で、スタートアップ企業から協業案を募る。

新規技術や革新的な事業案を持つスタートアップ企業と組んで、少子高齢化や長寿化を支える保険商品やサービスを開発するのが狙いだ。

「日本生命アクセラレーター2018」と題して、クルーのウェブサイトでスタートアップ企業から協業案を受け付ける。

応募期間は30日―8月10日で、業種は問わない。

日本生命は個人顧客1180万人、法人顧客21万社を抱えており、スタートアップ企業はこれらの顧客基盤の活用が可能だ。

さらに全国に5万人いる営業職員や各地に広がる営業拠点などのインフラも使用できる。

クルーは国内最大級のスタートアップコミュニティーの運営を手がける。12年の創業以来スタートアップ企業と大企業のオープンイノベーションプログラムを実施。約400件の協業を実現した。

(日刊工業新聞 2018/07/24)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    4.生命保険におけるコレクター精神

    特に記念切手を集めるといった収集癖がなかったとしても、人は誰でもコレクター精神を持ち合わせています。…
  2. 2018-10-30

    生保、下期運用方針固まる オープン外債投資加速、国債の買い入れ再開も

    生命保険会社は、為替リスクをヘッジしないオープン外国債券への投資を拡大する。 米国の利上げで為替ヘ…
  3. 2017-3-13

    ​サービス産業型のマネジメント:とがった個性を生かして(ライフネット生命 出口社長)

    マネジメントに求められるのは、部下の適性と能力を見極め、得意とする仕事をやらせることだ。 適性を欠…
  4. 2017-12-7

    保険4社の約款に「遺伝」情報

    日本生命を含む4社の約款に家族の病歴などの遺伝情報を審査に使っていると取られかねない記載があったと金…
  5. 2017-8-24

    ネット生保巻き返しは

    ライフネット生命保険が開業10年目を迎えた。 生保のネット販売をはじめ、業界の常識への挑戦を続けて…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る