日生、新規ビジネス創出 スタートアップから協業案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は23日、同社の経営資源を活用し、スタートアップ企業と新規事業の創出を目指すと発表した。

スタートアップ企業と投資家のマッチングなどを支援するCrewwと共同で、スタートアップ企業から協業案を募る。

新規技術や革新的な事業案を持つスタートアップ企業と組んで、少子高齢化や長寿化を支える保険商品やサービスを開発するのが狙いだ。

「日本生命アクセラレーター2018」と題して、クルーのウェブサイトでスタートアップ企業から協業案を受け付ける。

応募期間は30日―8月10日で、業種は問わない。

日本生命は個人顧客1180万人、法人顧客21万社を抱えており、スタートアップ企業はこれらの顧客基盤の活用が可能だ。

さらに全国に5万人いる営業職員や各地に広がる営業拠点などのインフラも使用できる。

クルーは国内最大級のスタートアップコミュニティーの運営を手がける。12年の創業以来スタートアップ企業と大企業のオープンイノベーションプログラムを実施。約400件の協業を実現した。

(日刊工業新聞 2018/07/24)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-28

    防げ糖尿病重症化 日本生命、健康管理サービス試行

    日本生命保険は日本生命病院で、糖尿病の重症化を防ぐ健康管理サービスの試行を始めた。 同社の社員30…
  2. 2017-3-7

    仕事ができる人できない人  

    仕事ができるとか仕事ができないという評価はどのようにして定まってゆくのでしょうか? はっきりしてい…
  3. 2017-12-22

    生保、海外人材育成を加速

    大手生命保険各社は海外で活躍できる国内人材の育成を加速している。 ​運用や商品供給などで海外との連…
  4. 2017-2-22

    7.法人の契約に「年金支払特約」を付加されていらっしゃいますか?

    社長アプローチ話法の具体例を紹介しましょう。 お会いしたとたんに社長さんに・・・ ・お客さま…
  5. 2017-8-30

    生活水準保障を維持するための保険の選び方

    「生活水準保障」といってもぱっとイメージがつかないですね。 重い病気にかかった後の生活がどうなるか…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る