日生、新規ビジネス創出 スタートアップから協業案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は23日、同社の経営資源を活用し、スタートアップ企業と新規事業の創出を目指すと発表した。

スタートアップ企業と投資家のマッチングなどを支援するCrewwと共同で、スタートアップ企業から協業案を募る。

新規技術や革新的な事業案を持つスタートアップ企業と組んで、少子高齢化や長寿化を支える保険商品やサービスを開発するのが狙いだ。

「日本生命アクセラレーター2018」と題して、クルーのウェブサイトでスタートアップ企業から協業案を受け付ける。

応募期間は30日―8月10日で、業種は問わない。

日本生命は個人顧客1180万人、法人顧客21万社を抱えており、スタートアップ企業はこれらの顧客基盤の活用が可能だ。

さらに全国に5万人いる営業職員や各地に広がる営業拠点などのインフラも使用できる。

クルーは国内最大級のスタートアップコミュニティーの運営を手がける。12年の創業以来スタートアップ企業と大企業のオープンイノベーションプログラムを実施。約400件の協業を実現した。

(日刊工業新聞 2018/07/24)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-1

    RPA・AIで「働き方改革」

    ​データ取得や入力、確認などの作業を人間の代わりに行う、ロボティック・プロセス・オートメーション(R…
  2. 2017-9-7

    人の心を動かし購買行動を喚起する

    「生命保険販売の心理学」 生命保険営業では、常にお客さまを相手にします。1対1の関係でお話を進めて…
  3. 2018-3-26

    顧客契約に応じた動画サービス開始

    大同生命保険は、4月に顧客の契約内容やニーズに応じた動画サービス「パーソナライズド動画」を導入する。…
  4. 2018-10-30

    生保、下期運用方針固まる オープン外債投資加速、国債の買い入れ再開も

    生命保険会社は、為替リスクをヘッジしないオープン外国債券への投資を拡大する。 米国の利上げで為替ヘ…
  5. 2018-2-19

    生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

    大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。 東…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る