銀行・保険、採用を大幅減 来春新卒、業務電子化で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本経済新聞社が22日まとめた採用計画調査で、銀行や保険が2019年春入社の新卒採用を大幅に減らす見通しとなった。

銀行は18年春比14.4%減、保険は同9.7%減を計画する。

ネットを通じた取引の普及で店舗取引が減っており、窓口職などを減らす。

19年春の大卒採用計画は全体で11万8230人で、18年春実績比8.5%増える。

伸び率は0.2ポイント増で、4年ぶりの上昇となった。

製造業が10.2%増となる一方、銀行や保険を含む非製造業は7.6%増だった。

銀行の中でも大きく減らすのが37.7%減の大手行。

みずほフィナンシャルグループは665人減の700人と半減する。

減少数は企業別で最多だった。採用抑制と退職で、26年度までに全従業員数の4分の1の1.9万人を減らす計画だ。

三井住友銀行も153人減の650人と2割弱絞る。

一般職にあたる職種を約100人に半減。

出入金などのデータを全国9拠点に集め、少ない人員で業務ができる仕組みに改めているためだ。

銀行は超低金利で収益環境が厳しく、業務の電子化を進めて事務や窓口業務の採用を絞る。

回答していない三菱UFJ銀行を含めた3メガバンクの19年春入社の新卒採用は前年の計約3200人から3割減る。

働きやすい環境を整え、結婚や出産で辞める女性が減ったのも要因になっている。

保険ではアフラック生命保険が中途採用者との人数バランスを考慮し、56%減の約100人とする。

人工知能(AI)などで事務作業の代替を進める損保大手も、あいおいニッセイ同和損害保険が18年春に増やした反動もあり、37%減らす。

(日本経済新聞 2018/04/23)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-26

    生保17年3月期 9社減収、6社減益 マイナス金利で運用苦戦

    ​主要生命保険12社の2017年3月期連結決算が25日、出そろった。売上高に当たる保険料等収入は9社…
  2. 2018-7-27

    外貨建ての養老保険参入 第一フロンティア

    第一生命ホールディングス傘下の第一フロンティア生命保険は今秋、一時払い型の外貨建て養老保険に参入する…
  3. 2018-7-31

    大同生命、診断書取得の代行サービス

    大同生命保険は保険金や給付金の請求に必要な診断書の代行取得サービスを7月から始めた。 同社の保険利…
  4. 2018-5-31

    日本生命 「保険ショップ」強化 7月にも準備会社設立

    日本生命保険は24日、保険ショップなどの代理店経由で販売する商品に特化した新たな保険子会社を設立する…
  5. 2017-3-7

    都・民間、分野またぎ協定、健康増進や働き方、まず第一生命と

    東京都は民間企業・団体と複数の政策分野にまたがって連携を進める「ワイドコラボ協定」と呼ぶ取り組みを始…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る