銀行・保険、採用を大幅減 来春新卒、業務電子化で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本経済新聞社が22日まとめた採用計画調査で、銀行や保険が2019年春入社の新卒採用を大幅に減らす見通しとなった。

銀行は18年春比14.4%減、保険は同9.7%減を計画する。

ネットを通じた取引の普及で店舗取引が減っており、窓口職などを減らす。

19年春の大卒採用計画は全体で11万8230人で、18年春実績比8.5%増える。

伸び率は0.2ポイント増で、4年ぶりの上昇となった。

製造業が10.2%増となる一方、銀行や保険を含む非製造業は7.6%増だった。

銀行の中でも大きく減らすのが37.7%減の大手行。

みずほフィナンシャルグループは665人減の700人と半減する。

減少数は企業別で最多だった。採用抑制と退職で、26年度までに全従業員数の4分の1の1.9万人を減らす計画だ。

三井住友銀行も153人減の650人と2割弱絞る。

一般職にあたる職種を約100人に半減。

出入金などのデータを全国9拠点に集め、少ない人員で業務ができる仕組みに改めているためだ。

銀行は超低金利で収益環境が厳しく、業務の電子化を進めて事務や窓口業務の採用を絞る。

回答していない三菱UFJ銀行を含めた3メガバンクの19年春入社の新卒採用は前年の計約3200人から3割減る。

働きやすい環境を整え、結婚や出産で辞める女性が減ったのも要因になっている。

保険ではアフラック生命保険が中途採用者との人数バランスを考慮し、56%減の約100人とする。

人工知能(AI)などで事務作業の代替を進める損保大手も、あいおいニッセイ同和損害保険が18年春に増やした反動もあり、37%減らす。

(日本経済新聞 2018/04/23)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    3.成長期

    成長期の法人とは、おおよそ創業10年を超え毎年増収を継続するような、伸び盛りの時期です。 事業を継…
  2. 2018-2-19

    富国生命子会社、信金向け認知症保険

    国生命保険傘下のフコクしんらい生命保険(東京)は16日、信用金庫での窓口販売向けに、認知症になった場…
  3. 2017-4-27

    三井住友海上 検査アプリ好評

    三井住友海上火災保険が提供する睡眠時無呼吸症候群(SAS)予兆チェックサービスの導入企業が開始後1年…
  4. 2018-3-20

    家計の金融資産、過去最高!

    家計の金融資産が1880兆円(前年度比3.9%増)となり、過去最高を更新しました。 主な要因は、株…
  5. 2017-10-5

    日本生命、マスミューチュアル生命を買収へ

    1000億~2000億円 銀行窓販を強化 日本生命保険は中堅のマスミューチュアル生命保険を買収する…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る