第一生命グループ 外貨建て新商品 8月に投入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命グループが外貨建ての一時払い終身保険の新商品を8月に投入することが27日、分かった。

日銀のマイナス金利政策に伴う運用難から、利回りを確保しやすい外貨建て商品に活路を求める。

生命保険各社の参入も相次いでいるが、第一生命は死亡保険金に対する相続税の非課税枠を活用した商品などをそろえ、遺産相続対策のニーズを取り込みたい考えだ。
 

​新商品は、傘下の第一フロンティア生命保険が8月1日から発売。

指定通貨は米ドルと豪ドル、円の3通過から選ぶ。

健康状態の告知なしでも加入できる。

当初の取り扱いは20程度の金融機関でスタートし、将来的には50程度に増やす。

今年度中に1千億円の販売を目指す。

(産経新聞  2017/06/28)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-3

    AI 保険商品開発に生かす かんぽ生命社長

    ​かんぽ生命保険の植平光彦社長は2日、3月に導入した日本IBMの人口知能(AI)「ワトソン」を、新し…
  2. 2018-3-13

    DWSに400億円出資

    ​日本生命保険は12日、ドイツ銀行傘下の資産運用会社であるドイチェ・アセット・マネジメント(DW…
  3. 2017-3-9

    キャノンMJ、診断書の情報、自動読み込み

    ​​キャノンマーケティングジャパン キャノンマーケティングジャパンは8日、朝日生命に様々な病院が作…
  4. 2017-6-7

    日生、営業ノウハウ移植

    日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で…
  5. 2018-11-12

    外貨保険、中途解約リスク

    ​退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建て保険を契約する人が増えている。 米ドル、豪ドルといっ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る