太陽生命、認知症の相関を産学共同研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


太陽生命保険は4日、滋賀大学、滋賀医科大学と認知症の共同研究を始めたと発表した。

太陽生命保険は4日、滋賀大学、滋賀医科大学と認知症の共同研究を始めたと発表した。太陽生命が持つ保険金や給付金の支払いデータを使って、認知症と既往症、生活習慣との相関性を調べる。得られた研究結果は公表して啓発に役立てるほか、太陽生命の認知症保険や関連サービスに活用する。研究期間は2021年3月まで。日本医師会総合政策研究機構がデータ分析などで協力する。

個人を特定できないように加工した保険金などの支払い実績を用いて認知症と既往症、生活習慣との相関性を調査する。認知症を発症するリスクの高い疾患や生活習慣を明らかにする

(日刊工業新聞 2018/12/05)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    2.人は得られる物よりも失う恐怖の方が大きい

    生命保険は万が一のリスクを保障でカバーします。 損失を回避するためにこれ以上の商品はありません。3…
  2. 2018-6-14

    外貨保険のリスク説明徹底を

    国内の超低金利環境にもかかわらず、主な生命保険会社の業績が堅調だ。 高めの収益が見込める海外運用を…
  3. 2017-8-24

    ネット生保巻き返しは

    ライフネット生命保険が開業10年目を迎えた。 生保のネット販売をはじめ、業界の常識への挑戦を続けて…
  4. 2017-6-21

    日生、外貨建て保険の扱い10月開始

    日本生命保険は20日、10月から営業職員が外貨建て保険の取り扱いを始めると発表した。 比較的高い利…
  5. 2017-5-26

    生保、マイナス金利響く 前期 日生など11グループ減収

    主要生命保険会社15グループの2017年3月期連結決算が25日まとまった。 売上高に相当する保険料…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る