太陽生命、“社内禁煙”達成 健康経営推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​​

太陽生命保険は6月末までに全社挙げての“社内禁煙”を達成した。

2017年10月に「健康経営を推進する企業としての使命を果たそう」(田中勝英社長)と始めた会社ぐるみの禁煙運動の成果で、現在は東京・日本橋の本社や全国143の支社など全ての事業拠点の喫煙所を廃止。

営業車でもたばこは吸えなくなった。「人生100年時代」の到来を踏まえ、健康寿命の延伸を推進する。

取り組みを始めた時点では社内に約3000人の喫煙者がおり、愛煙家として知られる三瓶雅央取締役常務執行役員もその一人だったとか。

T&Dホールディングス傘下の太陽生命は高齢化社会を支える認知症治療保険、医療保険や介護保険などを自由に組み合わせられる総合保障のほか、内勤職員が保険契約者や家族を直接訪問し、必要書類の代筆などを支援する「かけつけ隊サービス」などに特色を出す。

人生100年時代の“サポーター企業”として、禁煙文化が根付くのか注目したい。

(日刊工業新聞 2018/07/27)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-29

    生保は国債投資へ 外債運用のコスト上昇で

    生命保険会社は日本の国債への投資にそろりと動き始めている。 26日出そろった国内の主要生命保険10…
  2. 2017-11-29

    代理店に迫る淘汰の波 生保が手数料体系見直しへ

    保険業界は大きな変化の時を迎えています。 改正保険業法施行(2016年5月) 顧客本位の業務…
  3. 2018-11-8

    第一生命 健康アプリ「外販」 スマホ新サービス生保が子会社

    健康アプリ 第一生命ホールディングスは、健康増進サービスを手がける専業子会社を設立し、第1弾として…
  4. 2017-8-3

    意見交換会で提起した論点を公表

    金融庁は​7月7日、業界団体との意見交換会で提起した論点を公表した。 生保協会及び生損保両協会共通…
  5. 2018-2-26

    日生、終身医療保険料を据え置き、死亡は引き下げへ

    日本生命保険は終身医療保険の保険料を据え置く方針だ。 4月に料率の基準となる標準死亡率が11年ぶり…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る