生損保、社外連携活発に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険会社が社外と連携して革新的なビジネス創出を目指す「オープンイノベーション」の取り組みを活発化させている。

各社はビジネスコンテストを通じ、新しい技術やサービスを持つ新興企業と接触。

地方や海外にも領域を広げつつ、イノベーションの早期実現を目指している。

スポンサーリンク


第一生命保険はかんぽ生命保険などと共同で、事業化を前提としたビジネスコンテストを業界に先駆け開催し、3月に優秀企業を選定した。

現在は同社のスマートフォン用ヘルスケアアプリでの活用に向け、検討を進めている。

生損保各社がビジネスコンテストなどに注力する背景には、既存ビジネスの将来に対する危機感がある。

明治安田生命保険企画部イノベーション調査室の加藤大策室長は「当社も数年後には保険が主力事業でないかもしれない」と語る。

各社共通の特徴は大企業より新興企業との連携を望んでいるところにある。

「大企業に比べビジネススピードが速く、常識に縛られないアイディアが出やすい」のが理由だ。

(日刊工業新聞 2017/06/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-16

    生保6社で収入減 保険料値上げ響く

    ​生命保険会社7グループの2017年4~6月期決算が9日、出そろった。 売上高に相対する保険料等収…
  2. 2017-3-3

    3.生活水準保障の必要性

    重い病気にかかるとどうなってしまうのかというと、「入院や療養による休職」や「配置転換」「時短勤務」な…
  3. 2017-12-19

    総連直轄「金剛保険」財産隠しか…警視庁が捜索

    ​在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)直轄の保険会社「金剛保険」(本店・東京都荒川区)捜索開始 昨年末…
  4. 2017-7-5

    明治安田生命、保険金未請求247件

    明治安田生命保険は4日、高齢の顧客約8万8000人の契約状況を調査し、本来は死亡保険金や入院給付金な…
  5. 2018-5-18

    保障性商品の充実急ぐ 明治安田生命社長 根岸秋男氏

    明治安田生命保険は、2017年に始めた中期経営計画が2年目に入った。 18年3月期連結決算は米国子…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る