生損保、社外連携活発に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険会社が社外と連携して革新的なビジネス創出を目指す「オープンイノベーション」の取り組みを活発化させている。

各社はビジネスコンテストを通じ、新しい技術やサービスを持つ新興企業と接触。

地方や海外にも領域を広げつつ、イノベーションの早期実現を目指している。

スポンサーリンク


第一生命保険はかんぽ生命保険などと共同で、事業化を前提としたビジネスコンテストを業界に先駆け開催し、3月に優秀企業を選定した。

現在は同社のスマートフォン用ヘルスケアアプリでの活用に向け、検討を進めている。

生損保各社がビジネスコンテストなどに注力する背景には、既存ビジネスの将来に対する危機感がある。

明治安田生命保険企画部イノベーション調査室の加藤大策室長は「当社も数年後には保険が主力事業でないかもしれない」と語る。

各社共通の特徴は大企業より新興企業との連携を望んでいるところにある。

「大企業に比べビジネススピードが速く、常識に縛られないアイディアが出やすい」のが理由だ。

(日刊工業新聞 2017/06/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-23

    社会保障給付68兆円増 2040年度政府推計190兆円

    政府は21日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、2040年度の社会保障給付費の推計を初めて公…
  2. 2017-10-5

    第一生命保険 ESG投資案件選定に力

    案件性差力が高い各部門を通すことで、良好な案件の獲得を目指している。​ ー上期の振り返り、下期の…
  3. 2017-8-10

    「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

    ​第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。 被保…
  4. 2018-7-25

    日生、新規ビジネス創出 スタートアップから協業案

    日本生命保険は23日、同社の経営資源を活用し、スタートアップ企業と新規事業の創出を目指すと発表した。…
  5. 2018-3-26

    日本生命 糖尿病予備軍向けの予防プログラム

    ​日本生命保険は23日、生活習慣病の重症化予防プログラムの研究・開発に取り組む計画を発表した。 第…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る