生損保、社外連携活発に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険会社が社外と連携して革新的なビジネス創出を目指す「オープンイノベーション」の取り組みを活発化させている。

各社はビジネスコンテストを通じ、新しい技術やサービスを持つ新興企業と接触。

地方や海外にも領域を広げつつ、イノベーションの早期実現を目指している。

スポンサーリンク


第一生命保険はかんぽ生命保険などと共同で、事業化を前提としたビジネスコンテストを業界に先駆け開催し、3月に優秀企業を選定した。

現在は同社のスマートフォン用ヘルスケアアプリでの活用に向け、検討を進めている。

生損保各社がビジネスコンテストなどに注力する背景には、既存ビジネスの将来に対する危機感がある。

明治安田生命保険企画部イノベーション調査室の加藤大策室長は「当社も数年後には保険が主力事業でないかもしれない」と語る。

各社共通の特徴は大企業より新興企業との連携を望んでいるところにある。

「大企業に比べビジネススピードが速く、常識に縛られないアイディアが出やすい」のが理由だ。

(日刊工業新聞 2017/06/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    2.似たもの同士は仲が良い

    人は自分と似た人に好感を持ちやすいようになっています。 これを、「類似性の法則」といいます。 …
  2. 2018-11-28

    生保、当面は慎重運用

    利上げ局面にある米金融政策や米中貿易戦争の行方などが読みにくく、金融市場の先行き不透明感は強まってい…
  3. 2017-3-28

    生保、中小企業向け強化 成長市場 新商品投入

    生命保険各社が、中小企業向けの営業強化に乗り出している。 これまで大同生命やエヌエヌ生命が市場をリ…
  4. 2017-5-30

    家計の知恵 長生きで多く トンチン年金

    「トンチン年金」と呼ばれる新しい個人年金保険が注目されている。 あまり長生きできなかった場合は損を…
  5. 2017-3-6

    2.相続話題からのアプローチ

    「あなたも考えてみませんか?相続のこと」 募集人:~さん、こんにちは。本日は相続について、発生した…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る