海外臓器移植に保険給付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は、海外での臓器移植手術を公的保険の給付対象にする方針を決めた。

現在は全額自己負担で、渡航費などを含めると億単位の費用がかかる。

給付額は心臓移植なら1千万円ほどになり、患者や家族の負担を少しでも軽減する狙いだ。

今月中にも健康保険組合などに通知する。​

スポンサーリンク


 
​対象は、

①臓器ごとに学会が定める移植希望者の基準を満たし、移植仲介機関の日本臓器移植ネットワークに登録している

②海外で急いで移植を受けないと命が危険と専門医が判断した、という二つの条件を満たした患者に限る。

安易な渡航移植を防ぐためだ。

国内で移植を待つ人は全臓器で約1万4千人いる。

脳死下の臓器提供は増加傾向にあるものの海外と比べて少ないままだ。

2015年の100万人当たりの提供者数は米国28.5人、韓国10人に対して日本は0.7人にとどまる。

10年に臓器移植法が改正され、15歳未満の子どもからの臓器提供も可能になった。

今回、主な給付対象になると想定されるのは子どもの心臓移植で、毎年新たに50人ほどに必要になる。

多くは移植を待ちながら亡くなっている。

今年10月末現在で、心臓移植を待つ15歳未満の子どもは38人に上る。

また、心臓の渡航移植の場合、高額な医療費に加えて医療用チャーター機の手配や、滞在費を含めると2億~3億円ほどかかるとされる。

今回の制度が導入されても巨額の自己負担の問題は残る。

(朝日新聞  2017/12/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-30

    生保、下期運用方針固まる オープン外債投資加速、国債の買い入れ再開も

    生命保険会社は、為替リスクをヘッジしないオープン外国債券への投資を拡大する。 米国の利上げで為替ヘ…
  2. 2017-4-7

    利益、海外比率倍に 明治安田、10年後めど15%

    ​明治安田生命の根岸秋男社長は6日、「10年後をめどに利益に占める海外事業の割合を15%程度まで高め…
  3. 2018-12-7

    生保 海外子会社トップに聞く

    長引く低金利などから2010年代に相次いだ生命保険大手の海外での同業買収。 当時は「高い買い…
  4. 2017-12-19

    総連直轄「金剛保険」財産隠しか…警視庁が捜索

    ​在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)直轄の保険会社「金剛保険」(本店・東京都荒川区)捜索開始 昨年末…
  5. 2018-5-31

    外貨建て競争加熱

    米国の長期金利上昇を受けて、外貨建て金融商品の発売が相次いでいる。 日銀の金融緩和で国内は超低金利…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る