利益、海外比率倍に 明治安田、10年後めど15%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命の根岸秋男社長は6日、「10年後をめどに利益に占める海外事業の割合を15%程度まで高める」と述べ、現状より倍増させる考えを示した。

目標達成に向けM&Aを検討する。

スポンサーリンク



​本業のもうけを示す基礎利益に占める海外事業の割合は「足元では7~8%」といい、2027年度をめどに倍増を目指す。

実現に向け、傘下の米生保スタンコープを通じ、米国企業の買収を検討する。

投資規模は今後詰めるが、合計数千億円規模にのぼるもようだ。

(日本経済新聞 2017/04/07)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-7

    17年度下期の第3分野・損保窓販実績

    地域金融機関の2017年度下期の「第3分野・損保窓販実績」(回答ベース)がまとまった。 医療・がん…
  2. 2017-2-28

    2.ライフプランを支えるマネープランに重要な役割を果たす

    人生を豊かで充実したものにするためには、ライフプラン(人生設計)とマネープラン(資金計画)が欠かせま…
  3. 2018-4-10

    【トップは語る】T&Dホールディングス 生命保険のネット販売も検討

    ​T&Dホールディングス社長・上原弘久さん(56) 学習院大卒。1984年太陽生命保険入社…
  4. 2017-2-28

    4、情報収集(再面談)

    通常2回目の面談では、初回面談時に、一般論により問題点を指摘し、ニード喚起したことを、見込み客に自分…
  5. 2018-2-1

    セルフメディケーション税制

    2018年(平成30年)の確定申告が2月16日(金)よりはじまります。 申告、納税期限は ・…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る