利益、海外比率倍に 明治安田、10年後めど15%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命の根岸秋男社長は6日、「10年後をめどに利益に占める海外事業の割合を15%程度まで高める」と述べ、現状より倍増させる考えを示した。

目標達成に向けM&Aを検討する。

スポンサーリンク



​本業のもうけを示す基礎利益に占める海外事業の割合は「足元では7~8%」といい、2027年度をめどに倍増を目指す。

実現に向け、傘下の米生保スタンコープを通じ、米国企業の買収を検討する。

投資規模は今後詰めるが、合計数千億円規模にのぼるもようだ。

(日本経済新聞 2017/04/07)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-4

    “長生きで得する”保険10月投入 太陽生命、老後に手厚く

    ​太陽生命保険は、10月に同社初となるトンチン型の年金保険を発売する。 トンチン保険は、死亡時の返…
  2. 2018-4-27

    長引く低金利…、生保各社の外債投資拡大が鮮明に

    国内の長引く低金利環境が生命保険会社の資産運用を外国債券に向かわせている。 国内主要生命保険9社の…
  3. 2018-1-24

    公的保険徹底マスターの重要性

    年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。 政府は原則65歳としている(…
  4. 2017-5-2

    東京海上日動 欧州アワード金賞

    東京海上日動火災保険は欧州金融マーケティング機構が開催した「保険イノベーションアワード」の「保険ネッ…
  5. 2018-12-13

    運動すれば保険料が割引? 住友生命社長・橋本雅博氏

      健康増進、社会全体にメリット 毎日運動すれば保険料が安くなる――。住友生命保険はこんな保険商品「…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る