利益、海外比率倍に 明治安田、10年後めど15%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命の根岸秋男社長は6日、「10年後をめどに利益に占める海外事業の割合を15%程度まで高める」と述べ、現状より倍増させる考えを示した。

目標達成に向けM&Aを検討する。

スポンサーリンク



​本業のもうけを示す基礎利益に占める海外事業の割合は「足元では7~8%」といい、2027年度をめどに倍増を目指す。

実現に向け、傘下の米生保スタンコープを通じ、米国企業の買収を検討する。

投資規模は今後詰めるが、合計数千億円規模にのぼるもようだ。

(日本経済新聞 2017/04/07)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-7

    明治安田が来年4月から 健診結果を提出

    ​明治安田生命保険が、健康状態が良好であれば保険料の一部を払い戻すキャッシュバック制度を来年4月に導…
  2. 2018-5-18

    インタビュー第一生命HD社長・稲垣精二氏「保険でQOL向上に貢献」

    第一生命ホールディングスは2020年度までにグループの当期利益を2500億円(17年度見通しは210…
  3. 2017-3-3

    ②公的医療保険制度の全体像

    まず大切なことをお伝えします。国民年金って原則何歳から何歳まで加入でしたっけ? 原則20歳から60…
  4. 2018-5-31

    外貨建て競争加熱

    米国の長期金利上昇を受けて、外貨建て金融商品の発売が相次いでいる。 日銀の金融緩和で国内は超低金利…
  5. 2017-3-2

    1.ニーズコンサルティングの全体像

    ニーズコンサルティングは、生命保険販売に当ってのセールス手法では、最も新しい営業システムであり最高峰…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る