日生 海外幹部3倍計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、海外グループ会社の経営を担える人材の育成を強化する。

2030年までに現地ビジネスに精通した日本人幹部を現在の30人程度から3倍超の100人に増やす。

国内市場が頭打ちとなる中、海外事業を拡大していることに対応する。
​今年から入社8年目以上の課長や課長補佐級の社員を対象に、豪州や米国の子会社などに派遣する研修制度を始めた。

研修期間は2年間で、最初の約5か月、海外の大学で語学を学ぶなどし、残りは現地法人で販売や収支計画の策定に携わる。

初年度はシステム部門などから約10人を派遣した。順次派遣する人数を増やす考えだ。

(読売新聞  2017/12/04)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-31

    保険契約、暴排で解除「有効」 高裁岡山支部判決

    ​保険会社が約款に含まれる暴力団排除条項に基づく保険契約を解除有効 ​保険会社が約款に含まれる暴力…
  2. 2017-9-19

    定年延長 シニアに活躍の場 企業の18%が「廃止」「65歳以上」

    ​少子高齢化によって各業界で人手不足が問題となる中、従業員の定年を延長する企業が相次いでいる。 明…
  3. 2017-6-14

    個人年金保険の保有契約高最高(3月末107兆円)

    ​生命保険協会は13日、今年3月末時点の個人年金保険の保有契約高が前年同期比4%増の107兆8727…
  4. 2017-6-8

    保険料 健康に応じて変動(Behind the Curtain金融商品値決めの舞台裏)

    ネオファースト生命が大手生保で初めて商品化したのは、健康状態に応じて保険料を割り引いたり割り増しした…
  5. 2017-5-23

    三井住友海上あいおい生命 VR映像で情報提供

    三井住友海上あいおい生命保険は22日、VR(仮想現実)映像を利用した情報提供サービスを24日にも開始…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る