日生 海外幹部3倍計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、海外グループ会社の経営を担える人材の育成を強化する。

2030年までに現地ビジネスに精通した日本人幹部を現在の30人程度から3倍超の100人に増やす。

国内市場が頭打ちとなる中、海外事業を拡大していることに対応する。
​今年から入社8年目以上の課長や課長補佐級の社員を対象に、豪州や米国の子会社などに派遣する研修制度を始めた。

研修期間は2年間で、最初の約5か月、海外の大学で語学を学ぶなどし、残りは現地法人で販売や収支計画の策定に携わる。

初年度はシステム部門などから約10人を派遣した。順次派遣する人数を増やす考えだ。

(読売新聞  2017/12/04)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-11-26

    生保業績「外貨建て」左右 4~9月12社増収

    ​国内の主な生命保険会社の2018年4~9月期決算が22日、出そろった。 売上高に相当する保険料等…
  2. 2017-8-2

    アクサ生命 新型医療保険 通院回数に応じ給付

    アクサ生命保険は1日、通院治療に重点を置いた新たな医療保険「スマート・ケア」を9月19日に発売すると…
  3. 2017-4-11

    住生、初の外貨建て保険

    住友生命保険は10日、同社初となる外貨建て保険を17日から販売すると発表した。 ​ 保険料を一括…
  4. 2017-5-8

    かんぽ”標準”勝ち取る

    日本郵政グループのかんぽ生命保険が米IBMの認知型コンピュータシステム「ワトソン」の本格運用を開始し…
  5. 2017-11-21

    損保顧客から生保販売を!損保募集人だからできること

    損保×生保のクロスセル 1つ目のポイントは、面談をすることです!! 募集人の皆さんと、損保のお客…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る