SOMPO、海外送金・決済に参入 保険と組み合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SOMPOホールディングスは2019年にも企業間の海外送金・決済事業に参入する。

仮想通貨を活用した国際送金を手掛けるIT(情報技術)ベンチャーに出資し、保険と組み合わせたサービス開発をめざす。

保険会社が送金・決済分野に参入すれば初めて。

フィンテック勢など異業種による日本進出も相次ぎ、既存銀行との競争は激しくなりそうだ。

アフリカや日本など10カ国で国際送金事業を展開するBTCアフリカ(ビットペサ、本社ルクセンブルク)に約5億7千万円を出資し、約10%の株式を取得する。

ビットペサは2013年にケニアで設立。

企業間取引で異なる通貨による代金の支払いをする際に、ビットコインを仲介した決済サービスを提供している。

送金側の通貨を取引所でビットコインに交換してから、受け取り側の通貨に瞬時に換える仕組みだ。

代用通貨のビットコインは保有しないため、通貨の暴落リスクは負わない。

複数の中継銀行による送金手続きを省くことで、為替手数料を抑える。

さらにブロックチェーン技術によって、従来は少なくとも数日を要していた送金時間が最短20分程度で済むという。

SOMPOは年内にもビットペサと実証実験を始め、送金・決済技術や事業ノウハウを吸収する。1

9年以降に両社が連携したサービスの開始をめざす。

当面はアフリカなど新興国に進出する日系企業の需要を取り込む。

(日本経済新聞 2018/11/09)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-11-27

    新興バイオに1億円

    第一生命が27日にも、バイオベンチャー企業の「モルキュア」に1億円投資することがわかった。 社会的…
  2. 2018-7-17

    元本保証の外貨建て保険 三井住友銀・住友生命

    ​三井住友銀行と住友生命保険は、外貨建ての元本が保証される一時払い個人年金保険を共同開発した。 運…
  3. 2018-10-2

    円建て一時払い保険再開 日生、地銀など24行で販売

    日本生命保険は12日、金融機関を通じて販売する円建ての一時払い終身保険の取扱いを再開した。 ​低金…
  4. 2017-10-27

    日生、割安保険の新会社 19年春にも「ショップ向け」開発

    日本生命は、複数の保険商品を販売する保険ショップ向けに特化して、割安の医療保険などを開発する新会社を…
  5. 2017-6-23

    8月に外貨建て保険 明治安田生命

    明治安田生命保険は22日、同社初となる外貨建て保険を8月に発売すると発表した。 米ドル建て一時払い…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る