広がる「親介護保険」 別居も補償 離職の抑制期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親が要介護になった場合に補償金が支払われる「親介護保険」が広がり始めている。

介護に伴う経済的負担を軽減したいニーズの高まりを受け、企業が福利厚生の一環で団体保険として取り入れる動きも出てきた。
 

​太陽生命は2015年4月、親が要介護2以上と認定された場合に保険金を支払う団体保険の販売を始めた。

日本生命も10月から同様の団体保険の引受を始めるほか、三井住友海上火災とあいおいニッセイ同和損保が月収を1年間補償する保険の販売を始める。

損保ジャパン日本興亜も「親孝行一時金支払特約」の上限を300万円に引き上げた。

一方、東京海上日動火災は10月から販売する個人向け就業不能保険に親介護の特約を設ける。

 

(毎日新聞  2017/09/28)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-22

    保険金支払い 査定はAIで 明治安田 4月にも

    ​明治安田生命の根岸秋男社長が、保険金や人口知能(AI)を活用し、業務の効率化を進めて査定業務の時間…
  2. 2017-2-21

    4.本気で伝えたいことは、11回話してみる

    人は、あなたの話を鵜呑みにはしてくれません。 最初は疑ってかかります。同じ話を何度か聞いているうち…
  3. 2017-10-23

    卓見異見 がんと就労 ライフネット生命保険社長岩瀬大輔 療養離職防ぐ企業体制に

    がんの治療をしながら仕事を続けることは、治療費を稼ぐという経済的意味だけでなく、患者が社会と関わり続…
  4. 2017-6-9

    メットライフ生命保険CEOサシン・N・シャーさん 成長加速

    「2016年度業績に満足している」と笑みを浮かべるのは、メットライフ生命保険CEOのサシン・N・シャ…
  5. 2017-5-19

    第一生命、米VB支援企業と提携

    第一生命保険が米シリコンバレーでベンチャー企業の支援を手掛けるプラグアンドプレイと提携したことが18…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る