広がる「親介護保険」 別居も補償 離職の抑制期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親が要介護になった場合に補償金が支払われる「親介護保険」が広がり始めている。

介護に伴う経済的負担を軽減したいニーズの高まりを受け、企業が福利厚生の一環で団体保険として取り入れる動きも出てきた。
 

​太陽生命は2015年4月、親が要介護2以上と認定された場合に保険金を支払う団体保険の販売を始めた。

日本生命も10月から同様の団体保険の引受を始めるほか、三井住友海上火災とあいおいニッセイ同和損保が月収を1年間補償する保険の販売を始める。

損保ジャパン日本興亜も「親孝行一時金支払特約」の上限を300万円に引き上げた。

一方、東京海上日動火災は10月から販売する個人向け就業不能保険に親介護の特約を設ける。

 

(毎日新聞  2017/09/28)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-21

    家計収支を無料試算 生命保険文化センターがHP

    ​生命保険文化センターが、パソコンで家計のシミュレーションができる「e-ライフプランニング」の最新版…
  2. 2017-10-16

    将来日本の推計人口は?

    日本の総人口は減少を続け今から36年後の2053年には1億人を切り9,924万人水準まで減少します。…
  3. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…
  4. 2017-2-22

    6.遺産分割の4つの方法

    相続財産の資産構成の割合では、相続財産の約5割は分割が難しい「不動産」です。 その場合法定相続割合…
  5. 2017-3-3

    ③公的医療保険制度の給付内容

    公的医療保険制度の給付内容を見ていきましょう。 主な給付内容は、公的医療保険制度には多くの給付内容…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る