円建て一時払い保険再開 日生、地銀など24行で販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は12日、金融機関を通じて販売する円建ての一時払い終身保険の取扱いを再開した。

​低金利による運用難を受けて2016年4月に提供を停止していた。

一方、同保険は為替リスクによる保険金の変動がないため、安定した貯蓄性を求める顧客に根強い人気があった。

横浜銀行や千葉銀行など地銀を中心に24行で「夢の形プラス」の販売を再開。

予定利率は契約後15年は0.25%。

その後、国債の利回りが上昇した場合は予定利率を見直す。

(日刊工業新聞 2018/10/02)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-17

    個人保険で増配方針(明治安田と富国)

    ​明治安田生命保険と富国生命保険が個人保険で契約者配当を増やす方針を固めた。 ​明治安田は2年ぶり…
  2. 2018-5-31

    地域銀 法人保険の推進強化

    地域銀行は、法人保険の提案を積極化させる。 本業での収益確保が厳しいなか、役務収益の新たな柱に育て…
  3. 2017-8-16

    MS&AD、豪生保に出資 生損保、続々豪へ進出

    ​MS&ADインシュアランスホールディングス(HD)は15日、オーストラリア大手生命保険チャ…
  4. 2017-9-29

    日本生命 米運用会社へ出資へ 取締役派遣も検討

    日本生命保険が米国の資産運用会社TCWに出資する方向で優先交渉に入ったことが27日、分かった。 株…
  5. 2018-5-8

    三井生命と三井住友信託銀が新商品

    ​三井生命保険と三井住友信託銀行は7日、外貨を円に換算するレートを加入時を基準に固定することで、顧客…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る