生保、非競争分野を統合、大手6社の年金管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手生命保険6社が団体年金を管理する事業を統合する。

各社とも競い合う必要がない「非競争領域」と位置づけ、集約に伴う経費削減を優先する。

今後、働き手の減少による企業からの受託先細りをにらみ、成長分野に経営資源を振り向けて契約者に最大限還元できる環境をつくる。

低金利の長期化は金融機関の収益基盤に影響しており、系列を超えた業界内の機能再編が広がる可能性がある。

日本生命保険、第一生命保険、住友生命保険、明治安田生命保険、三井生命保険、富国生命保険の6社が本格的な協議に入ることを近く確認する。

2023年度の統合完了を目指す。

日本生命と第一生命が折半出資している「企業年金ビジネスサービス」を存続会社とし、約5年をかけて段階的に事業を移す。

住友生命や明治安田生命など生保4社が出資する「日本企業年金サービス」は、移管後に清算する。

従業員の雇用は維持する方針だ。

生命保険協会によると、確定給付の企業年金や厚生年金基金で、生保の受託割合は16年度時点で約69%(件数ベース)だが、管理業務にかかるコスト負担が各社共通の課題だった。

高齢化や公的年金への不安も背景にいわゆる「私的年金」の重要性が高まる状況に備え、業務のスリム化が欠かせなくなっていた。

また日銀のマイナス金利政策に伴い、金融機関の収益環境は厳しさを増す。

稼げる部門とそうでない部門を選別し、非競争領域ではできる限り事業を統合、コスト削減につなげる。

具体案は今後詰めるが、年金管理事業はシステムや契約者の管理事務などを集約する方向だ。

運用の機能は各社に残す。

生保各社は低金利で国債での運用が厳しくなるなか、受託した年金など資産運用の高度化を進めており、中核的な業務に資金や人材を戦略的に投じやすくする。

高度化で資産を増やすことができれば契約者利益にもつながる。

こうした流れは生保に限らず銀行、信託銀行に広がる可能性が高い。

すでに信託業界では、企業年金の事務代行に加え、株主名簿の管理を担う証券代行でも協業の分野が広がる。

業界内で共通化できる分野と競い合う分野を区別し、「共通部分で協力し合うことも選択肢となる」(大手行幹部)。

(日本経済新聞 2018/03/22)

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-8-30

    投資教育の支援強化 第一生命、動画教材を充実

    第一生命保険は、同社の企業型確定拠出年金(DC)の利用企業に提供する投資教育支援サービスを強化する。…
  2. 2018-2-13

    共済、4大生保しのぐ存在感、顧客満足度ランキング、手ごろ・シンプルな商品に支持

    日本経済新聞社は全国の生命保険会社や共済の契約者を対象に、顧客満足度調査を実施した。 前回に続き、…
  3. 2018-1-24

    公的保険徹底マスターの重要性

    年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。 政府は原則65歳としている(…
  4. 2017-3-2

    ④お金をまもる

    65歳までに3,000万円を目指して、皆さんが月々4万4000円ずつ、30歳からコツコツコツコツ運用…
  5. 2017-11-27

    人の心を動かす革新こそ ライフネット生命保険社長岩瀬大輔

    インシュアテック 金融とテクノロジーの融合と称した「フィンテック」と並んで、保険とテクノロジーの融…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る