第一生命HD・稲垣社長「健診割引に期待」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長フジサンケイビジネスアイのインタビュー

2027年度の国内生命保険事業の保有契約件数について、2割増を目指す考えを明らかにした。

足元の約1,500万件から1,800万件に積み増す。

グループ各社の商品の相互供給や販売網の拡充によって実現させる。

保有契約拡大の原動力として期待しているのが、中核子会社の第一生命保険が3月に投入した、健康診断結果を提出するだけで保険料が最大2割安くなる新商品。

稲垣社長は「健康な方も、そうでない方も、全員にメリットがあるということにこだわった。

健康になっていただければ保険金の支払いが減るだけでなく、国の財政も改善する」と説明した。

事務作業の自動化を進め、5年程度で2,100人程度を営業現場などの収益部門に移す方針も示した。

これに伴い、第一生命の営業拠点を3年で4拠点、ドラッグストアなどの販売代理店の支援業務を250人それぞれ増やす計画だ。

海外生保事業にも注力する。

稲垣社長は「将来の種まきをする」と述べ、近く外資への市場開放が見込まれるミャンマーでの営業認可取得に強い意欲を示した。

生保業界をめぐっては、人口減少や国内低金利の継続など事業環境が厳しさを増す一方だ。

稲垣社長は「将来を読みづらい時代だが、グループの知恵を集め、変化を味方につけていきたい」と話した。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/04/20)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-26

    シニア顧客に専門部隊 生保が高齢者対策

    生命保険各社は「人生100年時代」と言われる高齢社会の進展を見据え、シニア顧客へのサービスを強化して…
  2. 2018-4-11

    社員に健康意識醸成 端末提供やポイント制導入

    生命保険各社が、社員の健康意識醸成に取り組んでいる。 健康経営を中期経営計画に盛り込む生保も増加。…
  3. 2017-2-28

    4.生命保険営業の役割と存在意義とはなんでしょうか

    1.ニード喚起 私はかつて先輩から、「生命保険営業は断られることから始まる」と言われました。 …
  4. 2017-8-16

    太陽生命・朝日生命 認知症保険契約が急増

    高齢化社会の進展による認知症患者の増加を背景に、生命保険2社が販売する「認知症保険」が契約数を伸ばし…
  5. 2018-2-26

    明治安田、300万人に増配、死亡率低下分還元、他の生保追随も

    明治安田生命保険は2017年度分の個人保険の契約者配当を増やす方針を固めた。 総額約70億円と11…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る