第一生命HD・稲垣社長「健診割引に期待」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長フジサンケイビジネスアイのインタビュー

2027年度の国内生命保険事業の保有契約件数について、2割増を目指す考えを明らかにした。

足元の約1,500万件から1,800万件に積み増す。

グループ各社の商品の相互供給や販売網の拡充によって実現させる。

保有契約拡大の原動力として期待しているのが、中核子会社の第一生命保険が3月に投入した、健康診断結果を提出するだけで保険料が最大2割安くなる新商品。

稲垣社長は「健康な方も、そうでない方も、全員にメリットがあるということにこだわった。

健康になっていただければ保険金の支払いが減るだけでなく、国の財政も改善する」と説明した。

事務作業の自動化を進め、5年程度で2,100人程度を営業現場などの収益部門に移す方針も示した。

これに伴い、第一生命の営業拠点を3年で4拠点、ドラッグストアなどの販売代理店の支援業務を250人それぞれ増やす計画だ。

海外生保事業にも注力する。

稲垣社長は「将来の種まきをする」と述べ、近く外資への市場開放が見込まれるミャンマーでの営業認可取得に強い意欲を示した。

生保業界をめぐっては、人口減少や国内低金利の継続など事業環境が厳しさを増す一方だ。

稲垣社長は「将来を読みづらい時代だが、グループの知恵を集め、変化を味方につけていきたい」と話した。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/04/20)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    ①ファーストアプローチの目的

    Ⅰ.一般的なコンサルティングセールスの基本形 この基本形を身につけるねらいは、営業サイクルに基づい…
  2. 2017-7-11

    日本郵政社長長門正貢さん 良いM&A

    「M&A」は目的にはしていない。 大事なことは日本郵政という企業のパフォーマンスを上げるこ…
  3. 2017-5-8

    かんぽ”標準”勝ち取る

    日本郵政グループのかんぽ生命保険が米IBMの認知型コンピュータシステム「ワトソン」の本格運用を開始し…
  4. 2018-2-28

    収入ダウンの崖、3回来る

    定年後、収入が減る時期は3回あります。 定年後の収入が減るわかりやすいイメージとして、「収入ダウン…
  5. 2017-6-14

    ひまわり生命がクアオルト活動

    温泉×運動=健康経営ー。 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は温泉地で健康増進を目指す活動「クア…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る