日本生命、神奈川県大和市に物流施設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は21日、神奈川県大和市で、140億円を投じて大型物流施設の開発を行うと発表した。

2020年度までの4年間で成長・新規領域に1.5兆円を投融資する枠から使う。
スポンサーリンク


低金利環境が続く中、インターネット通信販売の市場拡大を支える物流施設を運用することで、安定的な収益を得る。

19年11月の完成を目指す。

 

​日本生命のニュースリリースはこちら

http://www.nissay.co.jp/news/2017/pdf/20170621.pdf

(フジサンケイビジネスアイ 2017/06/22)

 

大和市に物流施設 日生が最大規模140億円

日本生命保険は21日、140億円を投じて神奈川県大和市に大規模物流施設を建設すると発表した。​
 

5階建てで、延べ床面積は9万6255平方メートル。

大阪府松原市、同東大阪市に次ぐ3件目の物流施設案件で、同社としては過去最大規模となる。

日生は2017年度から20年度の4年間で約1兆5000億円の投融資を計画。同プロジェクトもその一環となる。


(日刊工業新聞 2017/06/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…
  2. 2017-7-14

    業界初 専用AI工場構築(SOMPOHD・SONPOシステム)

    ​SOMPOホールディングスとSOMPOシステムズは、NTT東日本と共同で、グループ各社で収集したデ…
  3. 2018-10-29

    生保は国債投資へ 外債運用のコスト上昇で

    生命保険会社は日本の国債への投資にそろりと動き始めている。 26日出そろった国内の主要生命保険10…
  4. 2018-3-13

    日生は総額300億円!大手生保が運用難でも契約者に還元する事情

    生命保険業界で今春、大きな焦点となっていた長寿化(標準生命表の死亡率の改善)に伴う保険料率の改定。 …
  5. 2018-3-30

    生保のドル買い低調か 新年度、為替変動リスク懸念

    2018年度、国内生命保険会社によるドル買いは低調に。 市場関係者の間で、こんな見方が強まっている…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る