楽天生命技術ラボ 先端AIの生保応用に特化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天生命は7月1日、「楽天生命技術ラボ」を設立した。

同ラボは「インシュアテック」の研究に特化して、生命保険分野への先端AI技術の応用を研究する。まず、力を入れる分野は次のとおり。

スポンサーリンク


①機械学習やDeepLearningによる情報提供の効率化・パーソナライズ

②先端技術を活用した保険申込プロセスの簡易化

③AI技術による顧客開拓

④高度な匿名化処理を施したデータ分析による解約率・保険金・給付金などの長期予測

同社は2016年、インシュアテック推進の専門セクションを立ち上げた。

17年2月にはスマホアプリによる女性ヘルスケアサービスを開始するとともに、ITベンチャー企業との共同実験や事例研究を通じて実務における技術活用の検討を進めてきた。

スポンサーリンク


なお、楽天グループが2005年に設立した「楽天技術研究所」は、Eコマース分野における革新的技術活用の研究実績がある。

森正所長は「楽天グループが培ってきた学術的知見およびEコマースでの知識を生命保険の分野に応用して、実務的なプロジェクトに取り組む。この成果を新たなサービスや商品の提供へとつなげたい」という。

なお、同社の2016年業績(個人保険)は、新契約件数が6万2389件、新契約ANPは27億5600万円。これに「1年定期ガン保険」を加えると31万4684件、28億6100万円となる。1年定期ガン保険は楽天が楽天会員に提供しているもの。

また、保有契約は件数86万6000件、ANP283億円。

(保険情報 2017/07/28)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-8

    大手生保4社 外債拡大 今年度計画 国内金利低水準で

    大手生命保険4社の2018年度の資産運用計画が出そろった。 日銀による金融緩和で国内の金利が低水準…
  2. 2017-4-27

    生保、外債投資伸び鈍化

    国債利回りの低下を背景に膨らんできた生命保険会社による外国債券への投資にブレーキがかかりそうだ。 …
  3. 2017-7-3

    顧客の現況確認 本格運用

    日本郵政グループの日本郵便は30日、簡易書留郵便に返信用はがきを添えて、相手に送り返してもらう「返信…
  4. 2017-5-9

    マニュライフ生命 外貨建て保険の取り扱い30行に

    マニュライフ生命保険は8日、毎月積み立てる保険料を外貨で運用する個人保険年金「こだわり個人年金(外貨…
  5. 2018-3-13

    第一生命 企業保育所誘致へ

    ​第一生命保険は、民間企業が主に従業員向けに開設する「企業主導型保育所」を、自社が保有するビルなどに…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る