日生と日本郵便提携 郵便局で外貨建て保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険と日本郵便は30日、外貨建て保険の販売で提携すると発表した。

全国1079局の郵便局を通じ、日生の変額年金保険を10月から発売する。

金融機関窓口での外貨保険の販売を強化したい日生と、窓口で取り扱う金融商品を充実させたい日本郵便側との思惑が一致した。

販売するのは、日生の一時払い式変額年金保険「デュアルドリーム」。

豪ドルか米ドルを選択する保険で、特約を付ければ円貨での払込金額を死亡保険金として最低保証する。

日生はすでに全国70金融機関で販売しているが、日本郵便とも提携することで顧客を増やしたい考え。

(日刊工業新聞 2017/08/31)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-1

    アナログ結構!反逆の思考術

    反逆の思考術 あなたが今やっている仕事は、本当にやりたい職業か? 今のままでいいと思っている…
  2. 2018-4-16

    アフラック社長古出真敏氏、事業戦略にスピード感

    アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が今月から、日本法人化し「アフラック生命保険」として再スタ…
  3. 2017-3-2

    1.ニーズコンサルティングの全体像

    ニーズコンサルティングは、生命保険販売に当ってのセールス手法では、最も新しい営業システムであり最高峰…
  4. 2017-2-28

    7.紹介は見込客づくりの最も有効な手法

    紹介でマーケットを無限に拡げる 1人の見込客からご契約をいただくと、その分見込客1人減ります。 …
  5. 2017-2-24

    ①プレゼンテーション・クロージングの目的

    営業サイクルにおけるプレゼンテーション・クロージングについて ファクトファインディング(FF)で聴…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る