18年度の生保運用、苦境続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年度の生命保険大手5社の一般勘定(団体年金区分)の運用利回りは、単純平均で1.93%と16年度を012%上回った。

利回りが比較的良よい外国債券にシフトしたのに加え、保有する日本株で配増する銘柄が増えたため。

ただ、日銀のマイナス金利政策の影響が出る前の15年度(2.10%)、14年度(2.64%)との差はいまだ大きく、18年度も苦しい状況が続きそうだ。

生保の一般勘定では「保証利率」と称し、あらかじめ設定された利回りを契約者に保証している。

契約の大半を占める解約控除型で、現在は1.25%か1.30%だ。

契約者に毎年、保証利率に財務や運用の状況を勘案した配当率を上乗せして還元している。一般勘定の運用では、この還元原資を確保する必要がある。

これに対し生保運用の主力である日本国債の利回りは、3月末時点で20年債が0.5%台、40年債が0.5%台、40年債でも0.8%台にとどまる。

運用利回りが保証利率を下回る「逆ざや」を避けるため、国債から、外債をはじめとする代替資産へのシフトを進めているが十分補えているわけではない。

(日経ヴェリタス 2018/07/08)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-19

    分散型台帳に健康情報 FiNC、保険商品開発に活用

    スマートフォン(スマホ)用ヘルスケアアプリを提供するFiNC(フィンク、東京・千代田)はブロックチェ…
  2. 2017-3-9

    1.企業会計その(1)

    法人契約を取り扱うためには社長と話をしなければなりません。 また、税理士は法人案件の紹介元になった…
  3. 2017-2-27

    3.情報の価値を上げる

    もし、がんになったとしたら、まず何を望むでしょうか。 いろいろあると思いますが、がん患者は、がんを…
  4. 2018-1-10

    プルデンシャル生命、女性の営業員2割に引き上げ

    ​プルデンシャル生命保険は営業を手掛ける「ライフプランナー」で女性の割合を高める。 現在は1割に満…
  5. 2017-4-27

    三井住友海上 検査アプリ好評

    三井住友海上火災保険が提供する睡眠時無呼吸症候群(SAS)予兆チェックサービスの導入企業が開始後1年…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る