18年度の生保運用、苦境続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年度の生命保険大手5社の一般勘定(団体年金区分)の運用利回りは、単純平均で1.93%と16年度を012%上回った。

利回りが比較的良よい外国債券にシフトしたのに加え、保有する日本株で配増する銘柄が増えたため。

ただ、日銀のマイナス金利政策の影響が出る前の15年度(2.10%)、14年度(2.64%)との差はいまだ大きく、18年度も苦しい状況が続きそうだ。

生保の一般勘定では「保証利率」と称し、あらかじめ設定された利回りを契約者に保証している。

契約の大半を占める解約控除型で、現在は1.25%か1.30%だ。

契約者に毎年、保証利率に財務や運用の状況を勘案した配当率を上乗せして還元している。一般勘定の運用では、この還元原資を確保する必要がある。

これに対し生保運用の主力である日本国債の利回りは、3月末時点で20年債が0.5%台、40年債が0.5%台、40年債でも0.8%台にとどまる。

運用利回りが保証利率を下回る「逆ざや」を避けるため、国債から、外債をはじめとする代替資産へのシフトを進めているが十分補えているわけではない。

(日経ヴェリタス 2018/07/08)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-8

    脱転勤へ地域社員の待遇改善 明治安田生命

    国内は少子化で労働人口が年々減少し、都市圏への人口集中と地方の過疎化が進む。 全国に拠点を置く企業…
  2. 2018-8-23

    温暖化対策、生保の進む道は

    豪雨に猛暑、洪水ーー。 足元の世界的な異常気象の背景にある地球温暖化防止機運の高まりが、国内生命保…
  3. 2018-11-22

    認知症保険、生損保競う アプリも提供

    保険各社が、認知症関連の保険商品を相次いで投入している。 平均寿命が延びる中、認知症が「長生き」に…
  4. 2018-7-27

    外貨建ての養老保険参入 第一フロンティア

    第一生命ホールディングス傘下の第一フロンティア生命保険は今秋、一時払い型の外貨建て養老保険に参入する…
  5. 2017-11-24

    疲れている時には避けた方がいい飲食物

    疲労回復と食べ物の効果とは 急に冷えたり空気が変わったりすると喉を痛めたりして、ずるずると風邪をひ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る