18年度の生保運用、苦境続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年度の生命保険大手5社の一般勘定(団体年金区分)の運用利回りは、単純平均で1.93%と16年度を012%上回った。

利回りが比較的良よい外国債券にシフトしたのに加え、保有する日本株で配増する銘柄が増えたため。

ただ、日銀のマイナス金利政策の影響が出る前の15年度(2.10%)、14年度(2.64%)との差はいまだ大きく、18年度も苦しい状況が続きそうだ。

生保の一般勘定では「保証利率」と称し、あらかじめ設定された利回りを契約者に保証している。

契約の大半を占める解約控除型で、現在は1.25%か1.30%だ。

契約者に毎年、保証利率に財務や運用の状況を勘案した配当率を上乗せして還元している。一般勘定の運用では、この還元原資を確保する必要がある。

これに対し生保運用の主力である日本国債の利回りは、3月末時点で20年債が0.5%台、40年債が0.5%台、40年債でも0.8%台にとどまる。

運用利回りが保証利率を下回る「逆ざや」を避けるため、国債から、外債をはじめとする代替資産へのシフトを進めているが十分補えているわけではない。

(日経ヴェリタス 2018/07/08)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-31

    地域銀 法人保険の推進強化

    地域銀行は、法人保険の提案を積極化させる。 本業での収益確保が厳しいなか、役務収益の新たな柱に育て…
  2. 2017-3-28

    生保、中小企業向け強化 成長市場 新商品投入

    生命保険各社が、中小企業向けの営業強化に乗り出している。 これまで大同生命やエヌエヌ生命が市場をリ…
  3. 2017-4-5

    東京海上日動火災保険社長の北沢利文さん 健康経営

    「少子高齢化で働き手が減り採用も難しくなる。 労働力減少という切実な社会的課題が顕在化する」と強い…
  4. 2017-7-25

    「保険デザイン」 住友生命が買収

    住友生命保険は24日、関西を中心に保険の乗り合い代理店を展開する「保険デザイン」を買収すると発表した…
  5. 2017-8-22

    がん検診 5年ごとに無償 伊藤忠 40歳以降社員、早期発見へ

    伊藤忠商事は21日、社員のがん予防・治療対策を拡充すると発表。 国立がん研究センター中央病院と提携…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る