米成長鈍化でも上昇続く(かんぽ生命保険常務執行役 立花淳氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命が運用体制を大きく変えている。

第一生命と提携してから1年がたち、株式の自家運用に乗り出すなど、目に見える成果が出始めた。

スポンサーリンク


世界的な低金利下で国債に頼る生保の運用環境は厳しさを増す。

約80兆円もの総資産を持つかんぽはリスクを分散しながら、どう運用していくのか。

第一生命からかんぽの運用担当に転じた立花淳・常務執行役に聞いた。

昨秋、個別株の自家運用を始めました。滑り出しはどうですか

「運用生成は非常に良い。半年で東証株価指数(TOPIX)を6%ほど上回った。配当の成長性に着目した運用だ。企業を選ぶ際には環境や社会、企業統治への取り組み度を示す『ESGスコア』が市場平均を上回ることを目指している」

「日本企業の利益率は上昇してきている。円安による改善もあるが、やはり日本企業が変わってきたのが大きい。株価の上昇に持続性が期待できる局面はかなり久しぶりだ」

「今後は、米国の経済成長に高い伸びは期待しづらくなるだろう。ただ景気がピークを打ったときに現れる金利上昇や資産バブルなどの現象はみられない。景気後退が起きても比較的軽く、浅い落ち込みにとどまるというのが基本的な認識だ。日経平均株価が2015年6月につけたバブル後の高値の2万0868円を抜くのは時間の問題だろう。」

(日経ヴェリタス 2017/07/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-16

    生保6社で収入減 保険料値上げ響く

    ​生命保険会社7グループの2017年4~6月期決算が9日、出そろった。 売上高に相対する保険料等収…
  2. 2017-9-27

    大切なあなたと一緒にがん検診

    「がん」という病気は一生涯に2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなると言われています。 …
  3. 2018-5-8

    大手生保4社 外債拡大 今年度計画 国内金利低水準で

    大手生命保険4社の2018年度の資産運用計画が出そろった。 日銀による金融緩和で国内の金利が低水準…
  4. 2018-11-15

    「節税保険」再ブーム過熱 日生の「発明」、国税庁は想定外

    「保険料を経費として計上できます。課税されず、必要なときに解約すればお金が戻ってきます」。 埼玉の…
  5. 2018-2-26

    生保各社、生き残りかけ販売競争

    長寿化に伴い、生命保険各社で保険料率を見直す動きが広がっている。 保険金の支払い負担が減っている死…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る