米成長鈍化でも上昇続く(かんぽ生命保険常務執行役 立花淳氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命が運用体制を大きく変えている。

第一生命と提携してから1年がたち、株式の自家運用に乗り出すなど、目に見える成果が出始めた。

スポンサーリンク


世界的な低金利下で国債に頼る生保の運用環境は厳しさを増す。

約80兆円もの総資産を持つかんぽはリスクを分散しながら、どう運用していくのか。

第一生命からかんぽの運用担当に転じた立花淳・常務執行役に聞いた。

昨秋、個別株の自家運用を始めました。滑り出しはどうですか

「運用生成は非常に良い。半年で東証株価指数(TOPIX)を6%ほど上回った。配当の成長性に着目した運用だ。企業を選ぶ際には環境や社会、企業統治への取り組み度を示す『ESGスコア』が市場平均を上回ることを目指している」

「日本企業の利益率は上昇してきている。円安による改善もあるが、やはり日本企業が変わってきたのが大きい。株価の上昇に持続性が期待できる局面はかなり久しぶりだ」

「今後は、米国の経済成長に高い伸びは期待しづらくなるだろう。ただ景気がピークを打ったときに現れる金利上昇や資産バブルなどの現象はみられない。景気後退が起きても比較的軽く、浅い落ち込みにとどまるというのが基本的な認識だ。日経平均株価が2015年6月につけたバブル後の高値の2万0868円を抜くのは時間の問題だろう。」

(日経ヴェリタス 2017/07/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-7

    明治安田が来年4月から 健診結果を提出

    ​明治安田生命保険が、健康状態が良好であれば保険料の一部を払い戻すキャッシュバック制度を来年4月に導…
  2. 2017-6-9

    日生、父の日アンケート 過半数プレゼント贈らず

    過半数の家庭が父の日にプレゼントを贈らない。 日本生命保険は「父の日」に関するインターネットアンケ…
  3. 2017-12-6

    インドネシアの中堅生保 日生が販路拡大支援

    日本生命保険が、20%を出資するインドネシアの中堅生保セクイスライフに三井物産子会社を紹介し、現地の…
  4. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…
  5. 2017-2-21

    2.人は「みんながそうしている」ことに納得する

    人は自分の頭で物事を判断しません。 一般的にはこうですとか、皆さんがこうおっしゃっていますとか言わ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る