米成長鈍化でも上昇続く(かんぽ生命保険常務執行役 立花淳氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命が運用体制を大きく変えている。

第一生命と提携してから1年がたち、株式の自家運用に乗り出すなど、目に見える成果が出始めた。

スポンサーリンク


世界的な低金利下で国債に頼る生保の運用環境は厳しさを増す。

約80兆円もの総資産を持つかんぽはリスクを分散しながら、どう運用していくのか。

第一生命からかんぽの運用担当に転じた立花淳・常務執行役に聞いた。

昨秋、個別株の自家運用を始めました。滑り出しはどうですか

「運用生成は非常に良い。半年で東証株価指数(TOPIX)を6%ほど上回った。配当の成長性に着目した運用だ。企業を選ぶ際には環境や社会、企業統治への取り組み度を示す『ESGスコア』が市場平均を上回ることを目指している」

「日本企業の利益率は上昇してきている。円安による改善もあるが、やはり日本企業が変わってきたのが大きい。株価の上昇に持続性が期待できる局面はかなり久しぶりだ」

「今後は、米国の経済成長に高い伸びは期待しづらくなるだろう。ただ景気がピークを打ったときに現れる金利上昇や資産バブルなどの現象はみられない。景気後退が起きても比較的軽く、浅い落ち込みにとどまるというのが基本的な認識だ。日経平均株価が2015年6月につけたバブル後の高値の2万0868円を抜くのは時間の問題だろう。」

(日経ヴェリタス 2017/07/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-7

    人の心を動かし購買行動を喚起する

    「生命保険販売の心理学」 生命保険営業では、常にお客さまを相手にします。1対1の関係でお話を進めて…
  2. 2017-4-7

    利益、海外比率倍に 明治安田、10年後めど15%

    ​明治安田生命の根岸秋男社長は6日、「10年後をめどに利益に占める海外事業の割合を15%程度まで高め…
  3. 2017-8-10

    「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

    ​第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。 被保…
  4. 2017-7-20

    商品・代理店・サービスを拡充 T&Dファイナンシャル生命 執行役員事業本部長 西村維晃(まさあき)氏に聞く

    T&Dファイナンシャル生命の昨年度の新契約高は2354億円。 継続的に取り組んできた複線…
  5. 2017-3-16

    新人営業マンのためのマナースキル 電話応対(慣用表現)

    電話応対(慣用表現) 1.ありがとうございます、○○でございます。(おはようございます) 2…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る