貯蓄型保険 値上げの春 ​マイナス金利の影響で運用悪化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貯蓄型の終身保険や学資保険などの保険料が、4月に一斉値上げされる。

日本銀行のマイナス金利政策で保険会社の運用が悪化し、約束通りの利回りの達成が難しくなったためだ。貯蓄の一環で加入する人が多く、値上げ前に「駆け込み」の申し込みも目立っている。

スポンサーリンク


都内の保険代理店「保険クリニック 文京本郷店」では、3月の相談予約が例年の2倍に達している。訪れた女性会社員(30)は「知人から4月に保険料が上がると聞いて有休をとってきた。いまのうちに終身保険に入ろうと思う」。

生命保険会社などは最近、相次いで4月からの保険料値上げを発表している。対象となるのが、保険料を毎月、一定期間支払う貯蓄型の終身保険や学資保険だ。

終身保険は、死亡保険金のほか、解約した場合の返戻金が、払い込んだ保険料より多い場合がある。学資保険は、一定期間を保険料を払えば、利回り分が上乗せされた学資金が支払われる。

スポンサーリンク


保険会社は集めた保険料を国債などで運用し、一定の利回りを約束してきたが、日銀のマイナス金利政策で運用利回りが悪化。従来の利回りの達成は難しくなり、保険料を値上げすることになった。

生保各社は金融庁が算出する「標準利率」に上乗せして、契約者に約束する「予定利率」を決めている。標準利率は今年4月に1.00%から0.25%に引き下げられるため、各社は商品の予定利率を下げる。

標準利率は1996年は2.75%だったが、すでに3度にわたって下げられ、その都度予定利率も下がった。貯蓄型の保険商品の利回りの魅力は薄れてきており、ファイナンシャルプランナーの清水香氏は「生命保険は本来、万一の事態に備えるもの。そもそも保険が必要かどうか、他の金融商品ともよく比較してみて、あわてて契約しないでほしい」と話している。

(朝日新聞 2017/03/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-9

    マニュライフ生命 外貨建て保険の取り扱い30行に

    マニュライフ生命保険は8日、毎月積み立てる保険料を外貨で運用する個人保険年金「こだわり個人年金(外貨…
  2. 2017-7-13

    週休3日 育児や介護に SOMPO傘下の生保 9月から

    ​SOMPOホールディングス傘下の損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は9月から、育児や介護を抱える…
  3. 2018-2-13

    共済、4大生保しのぐ存在感、顧客満足度ランキング、手ごろ・シンプルな商品に支持

    日本経済新聞社は全国の生命保険会社や共済の契約者を対象に、顧客満足度調査を実施した。 前回に続き、…
  4. 2017-2-27

    2.クロスセルを考えて行動する

    生命保険の販売では、商品を売るというよりもお客さまの人生をサポートするといった大きな使命感が必要です…
  5. 2018-4-5

    日生、AI深層学習機能で資産運用

    日本生命保険の社長に1日付で就任した清水博氏は4日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る