第一生命HD、保険料収入17%増 4~9月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスが14日発表した2018年4~9月期決算

売上高に相当する連結保険料等収入が前年同期比17%増の2兆5917億円だった。

低金利環境で円建て商品が伸び悩む中、銀行窓口を通じて販売する外貨建て保険が販売をけん引した。

本業のもうけを示す基礎利益も2%増の3082億円と増益を確保した。

傘下の第一フロンティア生命保険が扱う、契約時に一定額をまとめて支払う「一時払い型」の外貨建て保険が販売を伸ばした。

地方銀行での販売が増えたのに加え、第一生命保険の営業職員経由でも取り扱いを始めたことが貢献した。

(日本経済新聞 2018/11/15)

T&DHD、保険料収入24%増、4~9月。

T&Dホールディングスが14日発表した2018年4~9月期決算は、売上高に相当する連結保険料等収入が24%増の8545億円だった。

傘下の太陽生命保険が扱う終身型の介護年金保険の販売が大幅に伸びた。

(日本経済新聞 2018/11/15)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-16

    将来日本の推計人口は?

    日本の総人口は減少を続け今から36年後の2053年には1億人を切り9,924万人水準まで減少します。…
  2. 2017-7-11

    日生調べボーナス使い道 「円建て預貯金」

    日本生命保険は「夏のボーナス」に関するアンケートを実施、使途として「円建て預貯金」が最も多いとの調査…
  3. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…
  4. 2017-3-30

    SOMPOHD 海外保険大手の買収完了

    SOMPOホールディングス(HD)は29日、海外保険大手のエンデュランス・スペシャルティHDの買収が…
  5. 2018-2-16

    主要生保、5グループが増収、4~12月

    国内の主な生命保険会社の2017年4~12月期決算が15日、出そろった。 売上高にあたる保険料等収…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る