第一生命HD、保険料収入17%増 4~9月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスが14日発表した2018年4~9月期決算

売上高に相当する連結保険料等収入が前年同期比17%増の2兆5917億円だった。

低金利環境で円建て商品が伸び悩む中、銀行窓口を通じて販売する外貨建て保険が販売をけん引した。

本業のもうけを示す基礎利益も2%増の3082億円と増益を確保した。

傘下の第一フロンティア生命保険が扱う、契約時に一定額をまとめて支払う「一時払い型」の外貨建て保険が販売を伸ばした。

地方銀行での販売が増えたのに加え、第一生命保険の営業職員経由でも取り扱いを始めたことが貢献した。

(日本経済新聞 2018/11/15)

T&DHD、保険料収入24%増、4~9月。

T&Dホールディングスが14日発表した2018年4~9月期決算は、売上高に相当する連結保険料等収入が24%増の8545億円だった。

傘下の太陽生命保険が扱う終身型の介護年金保険の販売が大幅に伸びた。

(日本経済新聞 2018/11/15)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-21

    カードローンや金券提供、過剰営業「自粛を」、全銀協・生保協

    ​ 全国銀行協会と生命保険協会は16日、相次いで過剰な営業を控えるように加盟社に求めた。 生保協…
  2. 2018-7-25

    生損保大手、NGOの低評価に困惑

    国内の生命保険・損害保険大手8社(グループ)の投融資方針の「社会性」についての格付け 環境問題など…
  3. 2017-4-24

    生保協会 会長に橋本氏

    生命保険協会は根岸秋男会長の後任に、住友生命保険社長の橋本雅博氏を内定した。​ 7月21日開催の臨…
  4. 2017-4-12

    かんぽ保険金 審査にAI活用

    ​かんぽ生命保険は11日、入院、手術などに応じた保険金の審査に、日本IBMの人口知能(AI)「ワトソ…
  5. 2018-2-13

    共済、4大生保しのぐ存在感、顧客満足度ランキング、手ごろ・シンプルな商品に支持

    日本経済新聞社は全国の生命保険会社や共済の契約者を対象に、顧客満足度調査を実施した。 前回に続き、…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る