顧客の現況確認 本格運用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本郵政グループの日本郵便は30日、簡易書留郵便に返信用はがきを添えて、相手に送り返してもらう「返信依頼郵便」のサービスを7月から始めると発表した。

保険会社が契約者の現況確認に活用することを想定している。

利用企業の第一号は米アメリカンファミリー生命保険(アフラック)になる見通しだ。

スポンサーリンク


返信依頼郵便は、郵便局員が実際に保険契約者のもとを訪問し、保険会社の資料やアンケートを掲載したはがきを手渡す。

契約者は近況など、簡単な質問に回答し、その場ではがきを郵便局員に手渡すか、後でポストに出してもらう仕組み。

アフラックと日本郵便は13日から、返信依頼郵便の仕組みを使って、70歳以上の高齢の契約者を対象に、現況確認サービスの本格運用を始める。

返信依頼郵便ができたことで、代理店を介さずに、地方に住む契約者とも直接やり取りできるようになるメリットがある。

契約者の状況やニーズを把握し、サービス向上に役立てたい考え。

一方、日本郵便は他の保険会社にも、この仕組みの導入を働きかける方針だ。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/07/01)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-25

    生保4社2.7兆円減収

    ​日本生命など大手4社の2017年3月期決算は、売上高に当たる国内の保険料等収入が前の期に比べ16%…
  2. 2017-3-27

    金融サービス指標 金融庁方針 顧客本意の業務点検

    金融機関に導入を求めるのは、組織や業務の目標の達成度合いを測る「重要業績指標」 金融庁は24日、投…
  3. 2017-6-14

    個人年金保険の保有契約高最高(3月末107兆円)

    ​生命保険協会は13日、今年3月末時点の個人年金保険の保有契約高が前年同期比4%増の107兆8727…
  4. 2017-3-10

    手間をかける

    紹介をたくさんもらえる人の特徴は、「彼は頼りになる」といった紹介をされる人です。 信頼されている…
  5. 2018-7-2

    保険金請求漏れ防げ防げ

    ​生命保険各社が高齢者の保険金の請求漏れを減らす取り組みを強化している。 高齢化が一段と進む中、契…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る