顧客の現況確認 本格運用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本郵政グループの日本郵便は30日、簡易書留郵便に返信用はがきを添えて、相手に送り返してもらう「返信依頼郵便」のサービスを7月から始めると発表した。

保険会社が契約者の現況確認に活用することを想定している。

利用企業の第一号は米アメリカンファミリー生命保険(アフラック)になる見通しだ。

スポンサーリンク


返信依頼郵便は、郵便局員が実際に保険契約者のもとを訪問し、保険会社の資料やアンケートを掲載したはがきを手渡す。

契約者は近況など、簡単な質問に回答し、その場ではがきを郵便局員に手渡すか、後でポストに出してもらう仕組み。

アフラックと日本郵便は13日から、返信依頼郵便の仕組みを使って、70歳以上の高齢の契約者を対象に、現況確認サービスの本格運用を始める。

返信依頼郵便ができたことで、代理店を介さずに、地方に住む契約者とも直接やり取りできるようになるメリットがある。

契約者の状況やニーズを把握し、サービス向上に役立てたい考え。

一方、日本郵便は他の保険会社にも、この仕組みの導入を働きかける方針だ。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/07/01)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-16

    MS&AD、豪生保に出資 生損保、続々豪へ進出

    ​MS&ADインシュアランスホールディングス(HD)は15日、オーストラリア大手生命保険チャ…
  2. 2018-2-26

    生保各社、生き残りかけ販売競争

    長寿化に伴い、生命保険各社で保険料率を見直す動きが広がっている。 保険金の支払い負担が減っている死…
  3. 2018-4-5

    日本生命 新社長の清水博氏「収益拡大へM&A推進」

    ​日本生命保険社長に1日就任した清水博氏(57)が毎日新聞のインタビューに応じ、「業界トップには引き…
  4. 2017-6-20

    東京海上 就業不能保険 大手損保初 個人向け10月発売

    就業不能保険 東京海上日動火災保険は10月から、病気やけがで長期間働けなくなった時に給付金を支給す…
  5. 2017-9-29

    FWD富士生命 社名変更で新スタート

    AIG富士生命は、本年4月にFWDグループの100%子会社になったことを受け、9月1日、関係当局から…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る