日本生命 糖尿病予備軍向けの予防プログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は23日、生活習慣病の重症化予防プログラムの研究・開発に取り組む計画を発表した。

第1弾として4月から、日生病院が中心となってスマートフォンを使った糖尿病対策に乗り出す。
2~3年後のサービス提供開始を目指す。



まずは日本生命の糖尿病予備軍の社員約50人を対象に実証実験を始める。

富士フイルムやオムロンのヘルスケア機器を使って血糖値や血圧などのデータを収集・分析するほか、スマホのアプリを通じて日生病院の医師や保健師が特定保健指導を行う。

今秋には、対象を社外にも広げる。

糖尿病予備軍や保健指導者が続けやすい仕組みを作り、「人生100年時代」に備える。

日本生命はプログラム単体でのサービス提供や、新商品開発に生かすことを検討している。

(産経新聞 2018/03/24)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    時間

    私は、人生でもっとも大事なものは「時間」だと思っています。 確かに若いうちはそんなことを考えてはい…
  2. 2017-6-7

    第一フロンティア生命保険社長川島貴志さん 男性にない発想

    「経営に若者や女性の感性を取り入れたい」と語るのは、第一フロンティア生命保険社長の川島貴志さん。​ …
  3. 2017-8-16

    生保各社 無料の健康増進アプリ提供

    ​生命保険会社が健康増進のためのスマートフォン用の無料アプリを提供している。 契約者でなくても使え…
  4. 2018-3-30

    住生、貸与端末の使用料を無償化

    ​住友生命保険が営業職員約3万人から毎月徴収しているタブレット端末の使用料を7月から無償化することが…
  5. 2018-4-16

    アフラック社長古出真敏氏、事業戦略にスピード感

    アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が今月から、日本法人化し「アフラック生命保険」として再スタ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る