日本生命 糖尿病予備軍向けの予防プログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は23日、生活習慣病の重症化予防プログラムの研究・開発に取り組む計画を発表した。

第1弾として4月から、日生病院が中心となってスマートフォンを使った糖尿病対策に乗り出す。
2~3年後のサービス提供開始を目指す。



まずは日本生命の糖尿病予備軍の社員約50人を対象に実証実験を始める。

富士フイルムやオムロンのヘルスケア機器を使って血糖値や血圧などのデータを収集・分析するほか、スマホのアプリを通じて日生病院の医師や保健師が特定保健指導を行う。

今秋には、対象を社外にも広げる。

糖尿病予備軍や保健指導者が続けやすい仕組みを作り、「人生100年時代」に備える。

日本生命はプログラム単体でのサービス提供や、新商品開発に生かすことを検討している。

(産経新聞 2018/03/24)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-30

    国内主要生保10社 外債シフト鮮明に

    国内主要生命保険10社の2017年度下期資産運用計画が26日までに出そろった。 上期に続き国債から…
  2. 2017-3-15

    日本の人口ってどうなっているんでしょうか?

    内閣府の、2015年版の高齢社会白書によると、今、日本の人口は、2015年現在で、1億2600万人、…
  3. 2017-3-5

    お客さまが喜ぶことこそ、自分にメリットがある

    人間は変化を嫌います。 あらゆる仕事のプロセスは、始めたときには、必要性があって始められています。…
  4. 2018-1-26

    日生、首位死守へ攻め

    金融界で異例のトップ人事が相次いできた。 日本生命保険は25日、保険数理人(アクチュアリー)の有資…
  5. 2017-3-27

    金融サービス指標 金融庁方針 顧客本意の業務点検

    金融機関に導入を求めるのは、組織や業務の目標の達成度合いを測る「重要業績指標」 金融庁は24日、投…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る