明治安田生命、新中計始動 商品開発M&A積極化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は2019年度に保険料等収入や基礎利益をそれぞれ20%アップを目指す新たな中期経営計画をスタートした。

8月には同社初となる外貨建て保険の販売を開始するなど商品開発・供給を積極化​するほか、M&Aなどでも海外事業も拡大する計画だ。

ー日銀のマイナス金利政策により事業環境が変化しています。

足元の状況は。

スポンサーリンク


「環境変化は十分予測していたため。大きな混乱は起きていない。異常な低金利の継続とそれに伴う資産運用環境の悪化は当社にとって逆風だが、19年度には現在の保険料等収入や基礎利益をそれぞれ16年度に比べ20%向上させたい」

ー低金利下で円建て商品の魅力が低下したため、生保大手は外貨建て保険を投入しています。

「当社も8月に発売する。一時払いの養老・終身保険で、営業職員の販売や銀行窓口で取り扱う。外貨建て保険は為替や金利の変動で元本割れすることもあり、商品リスクの説明が重要だ。当社の営業職員には専門の社内検定を設け、説明スキルの高い職員のみに販売を認める。迅速に解約返戻金が確認できるサービスも導入しアフターフォローにも力を入れる」

ー海外事業にも力を入れています。

「現在の海外事業は基礎利益ベースで約7%だが、27年までに15%へ引き上げたい。16年に買収完了した米スタンコープがテコになる。」

ーフィンテックをどう事業に生かしますか。

「保険の引き受け審査や支払い審査、運用審査などでAIの活用が見込め、既に支払い審査では実証実験も始めている。先端技術を生かした保険商品開発にも取り組んでいく」

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-18

    インタビュー第一生命HD社長・稲垣精二氏「保険でQOL向上に貢献」

    第一生命ホールディングスは2020年度までにグループの当期利益を2500億円(17年度見通しは210…
  2. 2017-3-23

    著者登場 『50歳からの出直し大作戦』 ライフネット生命保険会長 出口治明氏

    新たな出会い待つ 人生の黄金期 人生の黄金期、いい言葉ですね。寿命の延びとともに、人生の黄金期も後…
  3. 2017-6-27

    第一生命HD 保険とIT融合 最優先で推進

    第一生命ホールディングスは26日、都内で定時株主総会を開いた。 稲垣精二社長は「インステック(保険…
  4. 2018-12-7

    太陽生命、認知症の相関を産学共同研究

    太陽生命保険は4日、滋賀大学、滋賀医科大学と認知症の共同研究を始めたと発表した。 太陽生命保…
  5. 2017-3-16

    貯蓄型保険 値上げの春 ​マイナス金利の影響で運用悪化

    貯蓄型の終身保険や学資保険などの保険料が、4月に一斉値上げされる。 日本銀行のマイナス金利政策で保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る