日生と明治安田、新卒採用に「専門人材枠」 営業現場配属経ず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険と明治安田生命保険が2019年4月入社の新卒採用から、総合職の中に専門人材採用枠を新たに導入することが19日、分かった。

両社はITの急速な進展や金融市場の変動といった環境変化に迅速に対応するため、専門領域の人材を計画的に採用していく必要があると判断した。

​日本生命は新たに資産運用とIT戦略のコース別採用を設け、合わせて最大10人程度を採用する計画。

入社後すぐに営業現場に回る他の総合職とは異なり、各専門部署に配属させる。

このうち資産運用コースは、金融工学や金融投資理論を専攻した学生が対象。

入社後は海外の現地法人や出資先企業への派遣も含め、資産運用の専門人材として育成する。

明治安田生命も来春入社予定の新卒採用から、IT戦略専門人材の採用を始める計画だ。

保険業界ではこの数年、保険の商品設計を行う「アクチュアリー(保険数理人)」以外でも、専門採用枠を設ける動きがある。

大手では、第一生命保険が資産運用や建築設計、東京海上日動火災保険が資産運用とITの採用を実施している。専門分野に強い学生の取り合いが激化してきた。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/02/20)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-1

    フコクしんらい生命保険社長櫻井健司氏 信金と連携し保険拡販

    足元の事業環境はマイナス金利の影響で一時払い数進保険が販売停止となるなど厳しいが、「第2の創業のつも…
  2. 2018-8-3

    日生、「税務基本方針」策定 大手生保で初

    日本生命保険は31日、「税務基本方針」を策定したと発表した。 国内市場の低金利で海外取引が増える中…
  3. 2018-5-18

    生活習慣病保証の「だい杖ぶ」4週間で契約5万件突破

    日本生命保険は、4月2日に販売を始めた生活習慣病に備える商品「だい杖ぶ」(特定重度疾病保障保険)が、…
  4. 2018-4-26

    シニア顧客に専門部隊 生保が高齢者対策

    生命保険各社は「人生100年時代」と言われる高齢社会の進展を見据え、シニア顧客へのサービスを強化して…
  5. 2018-7-10

    “線虫がん検査”解析数アップ 日立、新装置開発 1日に検体100以上

    日立製作所は4日、体長約1ミリの線虫に人の尿の臭いを嗅がせ、その反応からがんを発見する検査向けの自動…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る