日本生命 新社長の清水博氏「収益拡大へM&A推進」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​日本生命保険社長に1日就任した清水博氏(57)が毎日新聞のインタビューに応じ、「業界トップには引き続きこだわりたい」と述べた。

収益拡大のため国内外でM&A(企業の合併・買収)を積極的に進める考えを明らかにした。

スポンサーリンク

--7年ぶりの社長交代です。意気込みはいかがですか。

◆「成長し続ける事業基盤を作り、揺るぎないマーケットリーダーになる」という目標を掲げている。

人口減少や高齢化、先端IT(情報技術)の進展といった社会の変化に対応することで、成長の原動力にしたい。

業界トップは保険加入者の信頼の証しであり、引き続きこだわっていく。

--具体的な目標を教えてください。

◆まずは、2017年4月にスタートした中期経営計画(中計)の目標達成に向けて努力する。



(社会発展につながる環境や社会などのプロジェクトに投資する)「ESG投資」について、中計では4年間で2000億円を目標に掲げたが、昨年末で1600億円に達した。

目標を引き上げ、社会的課題の解決に貢献したい。

--近年は三井生命保険の買収や米資産運用大手への大型出資など、M&Aの動きが目立ちます。

◆保険金の支払い責任を果たすためには、収益をあげて財務基盤を厚くすることが重要だ。

国内に加え、海外の生命保険事業や資産運用事業をさらに伸ばし、収益の軸を多様化させることで基盤が安定する。

そのための重要な選択肢であるM&Aには、今後も積極的に関わっていきたい。



--先端のITをどう活用しますか。

◆生命保険事業では、加入者のデータを長期にわたって維持・管理するのが経営の根幹だ。

コスト低減や生産性向上のため、スピード感をもって情報のデジタル化を進める。

販売網の中心が営業職員であることに変わりはないが、契約者の加入行動は代理店や保険ショップにも広がっており、業務効率化で人材の再分配ができる。

--長寿化にはどう対応しますか。

◆業界では健康増進が重要なテーマとなっている。

長生きするほど多くの年金が受け取れる「トンチン年金」のように商品で対応することに加え、健康増進につながるサービスも提供し、長生きに伴って発生する多様なニーズに応えていきたい。

(毎日新聞 2018/04/05)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-15

    第一生命HD滋賀大と連携

    第一生命ホールディングスはデータサイエンティストの育成を目的に滋賀大学と産学連携協定を締結した。​ …
  2. 2017-9-4

    “長生きで得する”保険10月投入 太陽生命、老後に手厚く

    ​太陽生命保険は、10月に同社初となるトンチン型の年金保険を発売する。 トンチン保険は、死亡時の返…
  3. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…
  4. 2017-9-28

    第一生命 糖尿病患者加入基準緩め契約増

    糖尿病患者加入基準緩め契約増 第一生命保険は、糖尿病患者でも健康な人と同じ保険に入れるよう昨年10…
  5. 2017-5-30

    日本調剤と提携 薬局で保険販売 第一生命HD

    第一生命ホールディングスは29日、提携先の調剤薬局チェーン大手、日本調剤の店舗で保険販売を始めたと発…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る