貯蓄性商品 保険料上げ 生保各社来月 運用利回り低迷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社は4月以降、「貯蓄性商品」の保険料値上げに一斉に踏み切る。

保険料の運用利回り低迷が背景。

「保障性商品」では値下げに踏み切る生保もあり、各社が価格戦略に頭を悩ませている。

スポンサーリンク


​日本生命は、4月以降契約する貯蓄性商品について、2~30%程度値上げする。

第一生命は2~10%、住友生命は1~26%、明治安田生命は5~14%程度高くなる。

各社とも「多少収益が苦しくても、標準利率並みの急激な値上げは抑えたい」として、コスト削減や値上げ幅の圧縮に懸命だ。
明治安田生命は、「予定発生率」を見直すことで、総合保障商品の1~6%値下げに踏み切った。

アフラックは2月に主力の医療保険を3~10%値下げを実施。

オリックス生命も、事業費の抑制などで主力の医療保険を据え置いた。

(毎日新聞 2017/03/08)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-1

    明治安田生命グループ 定年65歳に延長

    明治安田生命保険は国内のグループ12社で、従業員の定年を現状の60歳から65歳に引き上げる。 ​す…
  2. 2017-3-7

    都・民間、分野またぎ協定、健康増進や働き方、まず第一生命と

    東京都は民間企業・団体と複数の政策分野にまたがって連携を進める「ワイドコラボ協定」と呼ぶ取り組みを始…
  3. 2017-7-18

    介護と認知症で業界初の保障 メットライフ生命 「FlexiS」「FlexiGoldS」発売

    ​メットライフ生命は7月2日から新商品「FlexiS(フレキシィ エス)」「Flexi GoldS(…
  4. 2017-3-16

    イメージを変える

    「生命保険事業の姿を180度変える革新的なプロジェクトが始動した」 ・・・と語るのは、住友生命保険…
  5. 2018-3-7

    明治安田が来年4月から 健診結果を提出

    ​明治安田生命保険が、健康状態が良好であれば保険料の一部を払い戻すキャッシュバック制度を来年4月に導…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る