貯蓄性商品 保険料上げ 生保各社来月 運用利回り低迷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社は4月以降、「貯蓄性商品」の保険料値上げに一斉に踏み切る。

保険料の運用利回り低迷が背景。

「保障性商品」では値下げに踏み切る生保もあり、各社が価格戦略に頭を悩ませている。

スポンサーリンク


​日本生命は、4月以降契約する貯蓄性商品について、2~30%程度値上げする。

第一生命は2~10%、住友生命は1~26%、明治安田生命は5~14%程度高くなる。

各社とも「多少収益が苦しくても、標準利率並みの急激な値上げは抑えたい」として、コスト削減や値上げ幅の圧縮に懸命だ。
明治安田生命は、「予定発生率」を見直すことで、総合保障商品の1~6%値下げに踏み切った。

アフラックは2月に主力の医療保険を3~10%値下げを実施。

オリックス生命も、事業費の抑制などで主力の医療保険を据え置いた。

(毎日新聞 2017/03/08)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-27

    金融サービス指標 金融庁方針 顧客本意の業務点検

    金融機関に導入を求めるのは、組織や業務の目標の達成度合いを測る「重要業績指標」 金融庁は24日、投…
  2. 2018-1-4

    乗合代理店報酬にメス 過度なキャンペーン抑制

    生命保険業界で2018年から、保険ショップなど乗合代理店報酬を見直す動きが広がりそうだ。 生命保険…
  3. 2017-5-1

    アナログ結構!反逆の思考術

    反逆の思考術 あなたが今やっている仕事は、本当にやりたい職業か? 今のままでいいと思っている…
  4. 2017-10-30

    明治安田生命 シニア向け来月発売 医療保険、90歳まで

    明治安田生命保険は26日、最高90歳まで入れるシニア向け医療保険「50歳からの終身医療保険」を12月…
  5. 2018-4-27

    長引く低金利…、生保各社の外債投資拡大が鮮明に

    国内の長引く低金利環境が生命保険会社の資産運用を外国債券に向かわせている。 国内主要生命保険9社の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る