貯蓄性商品 保険料上げ 生保各社来月 運用利回り低迷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社は4月以降、「貯蓄性商品」の保険料値上げに一斉に踏み切る。

保険料の運用利回り低迷が背景。

「保障性商品」では値下げに踏み切る生保もあり、各社が価格戦略に頭を悩ませている。

スポンサーリンク


​日本生命は、4月以降契約する貯蓄性商品について、2~30%程度値上げする。

第一生命は2~10%、住友生命は1~26%、明治安田生命は5~14%程度高くなる。

各社とも「多少収益が苦しくても、標準利率並みの急激な値上げは抑えたい」として、コスト削減や値上げ幅の圧縮に懸命だ。
明治安田生命は、「予定発生率」を見直すことで、総合保障商品の1~6%値下げに踏み切った。

アフラックは2月に主力の医療保険を3~10%値下げを実施。

オリックス生命も、事業費の抑制などで主力の医療保険を据え置いた。

(毎日新聞 2017/03/08)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-7

    保険4社の約款に「遺伝」情報

    日本生命を含む4社の約款に家族の病歴などの遺伝情報を審査に使っていると取られかねない記載があったと金…
  2. 2017-12-22

    保険の銀行窓販解禁10年(全体の1割にとどまる)

    銀行窓口での保険商品販売が全面解禁され、22日で10年を迎える。 取り扱う商品の幅は広がってきたが…
  3. 2018-5-2

    日生、資産運用にRPA導入 作業2500時間削減

    日本生命保険は6月から、資産運用業務にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を導入する。…
  4. 2017-6-13

    生保協会長、出口戦略開かれた議論を

    生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)の任期最後となった9日の定例会見 日銀が大規模な…
  5. 2017-10-11

    11月8日はレントゲンの日

    X線は、1895年ドイツの物理学者 ヴィルヘルム・レントゲン博士により偶然発見されました。 真空管…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る