貯蓄性商品 保険料上げ 生保各社来月 運用利回り低迷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社は4月以降、「貯蓄性商品」の保険料値上げに一斉に踏み切る。

保険料の運用利回り低迷が背景。

「保障性商品」では値下げに踏み切る生保もあり、各社が価格戦略に頭を悩ませている。

スポンサーリンク


​日本生命は、4月以降契約する貯蓄性商品について、2~30%程度値上げする。

第一生命は2~10%、住友生命は1~26%、明治安田生命は5~14%程度高くなる。

各社とも「多少収益が苦しくても、標準利率並みの急激な値上げは抑えたい」として、コスト削減や値上げ幅の圧縮に懸命だ。
明治安田生命は、「予定発生率」を見直すことで、総合保障商品の1~6%値下げに踏み切った。

アフラックは2月に主力の医療保険を3~10%値下げを実施。

オリックス生命も、事業費の抑制などで主力の医療保険を据え置いた。

(毎日新聞 2017/03/08)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-4

    乗合代理店報酬にメス 過度なキャンペーン抑制

    生命保険業界で2018年から、保険ショップなど乗合代理店報酬を見直す動きが広がりそうだ。 生命保険…
  2. 2017-3-5

    お客さまが喜ぶことこそ、自分にメリットがある

    人間は変化を嫌います。 あらゆる仕事のプロセスは、始めたときには、必要性があって始められています。…
  3. 2018-12-4

    ネットでお薦めの保険助言 三菱」UFJ地銀に提供

    「ロボアドバイザー(ロボアド)?」 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、顧客がネット…
  4. 2017-2-24

    ②申込手続きとポリシーレビューで注意するポイント

    1.申込手続きが負担にならないようにする 生命保険のお申込み手続きは、一般的に説明が必要な書類やご…
  5. 2018-8-16

    収入保障保険5万件、ひまわり生命発売4月から

    「リンククロス じぶんと家族のお守り」の販売件数 損保ジャパン日本興和ひまわり生命保険は主力の収入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る