生保9社 国内債券離れ続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内主要生命保険9社の2017年度資産運用方針が26日までに出そろい、5社が国内債への投資を減らすと表明。

残る4社も横ばいとした。

各社は厳しい運用環境下でも運用益を確保するため、外国債券への投資を増加。

スポンサーリンク


新規分野の投資額も増やすなど運用の高度化を進めている。

日本生命保険の秋山直紀財務企画部長は、17年度の運用環境見通しについて「国内低金利が続く中、米連邦準備制度理事会の利上げで米国金利は緩やかに上昇」と分析。

他者の見通しもほぼ同様で、9社中8社が金利の見込める外国債の投資を拡大する。

第一生命保険のみ「金利・為替水準次第」としているが「残高積み増しの見込み」とも表明しており、実質的には9社全てが外国債への投資を増やす見通しだ。

スポンサーリンク


株式動向については慎重な見通しが多く、投資方針を「横ばい」とする会社は4社。

各社も株価や政治状況をにらみつつ機動的な売買を行う計画だ。

新規分野の投融資拡大もテーマ。​

日本生命保険は20年度までに、成長・新規領域で1兆5000億円の投融資を実施する。

環境や社会、ガバナンスに考慮した事業活動を展開する企業などに投資する「ESG債」には2000億円を投じる考え。
  

(日刊工業新聞 2017/04/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-30

    住生、貸与端末の使用料を無償化

    ​住友生命保険が営業職員約3万人から毎月徴収しているタブレット端末の使用料を7月から無償化することが…
  2. 2017-2-22

    法人向け生命保険営業 目次

    法人向け生命保険営業 目次 Ⅰ.法人保険へのチャレンジ   1.法人保険とは   2.法人…
  3. 2017-8-24

    ネット生保巻き返しは

    ライフネット生命保険が開業10年目を迎えた。 生保のネット販売をはじめ、業界の常識への挑戦を続けて…
  4. 2018-2-19

    生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

    大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。 東…
  5. 2018-5-31

    生保、外債運用に活路、前期、第一生命など13グループ増益

    国内の主な生命保険会社16グループの2018年3月期決算が25日、出そろった。 マイナス金利政策に…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る