生保9社 国内債券離れ続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内主要生命保険9社の2017年度資産運用方針が26日までに出そろい、5社が国内債への投資を減らすと表明。

残る4社も横ばいとした。

各社は厳しい運用環境下でも運用益を確保するため、外国債券への投資を増加。

スポンサーリンク


新規分野の投資額も増やすなど運用の高度化を進めている。

日本生命保険の秋山直紀財務企画部長は、17年度の運用環境見通しについて「国内低金利が続く中、米連邦準備制度理事会の利上げで米国金利は緩やかに上昇」と分析。

他者の見通しもほぼ同様で、9社中8社が金利の見込める外国債の投資を拡大する。

第一生命保険のみ「金利・為替水準次第」としているが「残高積み増しの見込み」とも表明しており、実質的には9社全てが外国債への投資を増やす見通しだ。

スポンサーリンク


株式動向については慎重な見通しが多く、投資方針を「横ばい」とする会社は4社。

各社も株価や政治状況をにらみつつ機動的な売買を行う計画だ。

新規分野の投融資拡大もテーマ。​

日本生命保険は20年度までに、成長・新規領域で1兆5000億円の投融資を実施する。

環境や社会、ガバナンスに考慮した事業活動を展開する企業などに投資する「ESG債」には2000億円を投じる考え。
  

(日刊工業新聞 2017/04/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-16

    将来日本の推計人口は?

    日本の総人口は減少を続け今から36年後の2053年には1億人を切り9,924万人水準まで減少します。…
  2. 2017-2-28

    3.知識とスキル (1)商品知識 (2)周辺知識

    3.知識とスキル (1)商品知識 ここで言う「商品知識」とは、パンフレットに書いてある商品のスペ…
  3. 2018-1-4

    保険各社、スリム化急ぐ

    保険各社が人口減少の加速を見据え、業務体制のスリム化を急ぐ。 ​MS&ADインシュアランス…
  4. 2018-12-4

    第一生命、自社の不動産を起業支援施設に

    第一生命保険は自社で持つ不動産をベンチャー企業の起業支援施設として活用する。 運営会社と組んで12…
  5. 2018-4-17

    第一生命HD、アルファコンサル買収 代理店ノウハウ吸収

    第一生命ホールディングス(HD)は16日、保険販売代理店のアルファコンサルティング(名古屋市中区)を…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る